2019/02/27 キャリアセンター

企業151社を招いた「キャリア懇談会」に約230人が参加しました

企業151社を招いた2019年東北福祉大学「キャリア懇談会」が2月26日夕、仙台駅東口キャンパス5階「オリーブ・ホール」で開催されました。

2018年度に発足した本学と企業が連携するTFUパートナーズ(以下TFUP)に会員登録した企業の人事担当者をはじめ、大学からインターンシップを経験した2、3年生40人と教職員ら総勢約230人が参加しました。相互の親睦と関係強化、情報交換が目的で、2年連続の開催になります。

TFUパートナーズ(TFUP)会員登録企業をはじめ、参加者の親睦と情報交換の場へ

司会はTFUPサポートクラブ所属の芳賀光さん(社福4年)と田母神咲来さん(同2年)。初めに、大谷哲夫学長が「出席していただき、心から感謝している。今後ともさまざまなご協力をお願いしたい」と開会の挨拶を述べました。

乾杯に先立ち、大竹榮副学長から各テーブルに配置された本学2006年度の卒業生夫妻(合名会社寒梅酒造の岩﨑健弥・真奈氏)が手がけたお酒「金のいぶき」誕生の経緯が説明されました。「学生が農業体験で作ったお米の胚を、極力削らずに残したお酒づくりに挑戦した。玄米を使用した前例のない純米酒だ」と話し、乾杯の音頭を取りました。

話を受けて、岩﨑真奈氏が「日本酒業界初です。熱い思いを込めて作りました。優しい味です。ぜひご堪能ください」と笑顔で話しました。

歓談に移り、お酒と食事を交えながらテーブルごとに名刺交換や会話が弾みました。一息ついた後に、学生が夏休みを挟んで取り組んできた企業・業界研究型インターンシップの体験事例を3つ報告しました。

受け入れ企業の株式会社廣済堂仙台営業所の石井幹雄所長が、企業・業界研究型インターンシップの効果と課題について、具体例を挙げながら、紹介しました。

また、TFUPについて関川伸哉副センター長が、最近の学生の地元就職からその特徴、インターンシップの効果までを話し、「(TFUPは)学生と企業の相互理解を深め、就職に向けた活動を支援する制度で、今年度から実施している。ぜひご参加、ご協力をお願いしたい」と呼びかけました。

会場では、10カ所でインターンシップを体験した学生によるポスターセッションが行われ、学生と参加者がにこやかに歓談する光景が見られました。

最後に梶原洋センター長が「今後とも地域に育てていただき、お世話になりながら、(皆さまの)熱い支援をお願いしたい」と閉会の挨拶を述べました。
 

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ

キャリアセンター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3316
FAX:022-717-3336
E-Mail:syusyoku@tfu-mail.tfu.ac.jp