2019/07/08 空手道部

団体組手で笠原選手、瀬谷コーチが宮城県初の日本一に貢献!/内閣総理大臣杯第62回全国空手道選手権大会

内閣総理大臣杯第62回全国空手道選手権大会が7月6、7日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、1チーム3人(男子2人、女子1人)で争われる都道府県対抗団体戦(組手の部)に宮城県代表として出場した笠原理子選手(教育3年)と瀬谷龍介コーチ(東北福祉大学職員)が、県初の日本一に貢献しました。また、瀬谷コーチは一般男子個人組手でも3位となりました。

都道府県対抗団体戦(組手の部)

宮城県代表として出場したのは笠原選手、瀬谷コーチに加え、空手道部・児玉美奈さん(社福2年)の兄・侑也(会社員)さん。侑也(会社員)さんが先鋒、笠原選手が中堅、瀬谷コーチが大将を務め、準々決勝で前年準優勝の静岡県を下し弾みをつけ、決勝では連覇を狙う埼玉県を2−0で下し、過去3位が最高成績だった宮城県として初の優勝を果たしました。

▽1回戦
宮城県2−1熊本県
▽2回戦
宮城県3−0茨城県
▽準々決勝
宮城県3−0静岡県
▽準決勝
宮城県3−0福岡県
▽決勝
宮城県2−0埼玉県
<先鋒>児玉侑也2−0○
<中堅>笠原理子0−0△
<大将>瀬谷龍介2−1○
笠原選手「団体戦で良い成績を残せてうれしいです。個人では悔しい結果(ベスト8)で終わってしまったので、また来年に向けて練習に励んでいきたいと思います」
瀬谷コーチ「宮城県代表として、学生と組んだ団体戦で優勝することができて本当に嬉しかったです。日頃から練習に一生懸命打ち込んでいる子達が、これからも全国の場で活躍できるよう、一緒に頑張っていきたいです」
大会に参加した空手道部の面々。左から髙橋秀士さん、笠原さん、生出さん、 辺見萌乃佳さん、瀬谷さん
大会に参加した空手道部の面々。左から髙橋秀士さん、笠原さん、生出さん、 辺見萌乃佳さん、瀬谷さん

個人戦一般女子(組手の部)

▽1回戦
生出凛(行政3年)0−2富永莉加(千葉県)
中世古ひかり(社福3年)棄権
笠原理子2−0山崎花慧(富山県)
▽2回戦
笠原理子2−0松原美咲(近畿地区)
▽3回戦
笠原理子2−0平井美月(神奈川県)
▽準々決勝
笠原理子1−2秋山響子(本部推薦)
【最終順位】5位(ベスト8)
 
 

個人一般男子(組手の部)

▽1回戦
瀬谷龍介2−0河合俊宏(埼玉県)
▽2回戦
瀬谷龍介2−0前田賢佑(東京都)
▽3回戦
瀬谷龍介1−0上田大介(指定選手)
▽4回戦
瀬谷龍介2−0長谷川巧(茨城県)
▽準々決勝
瀬谷龍介2−0渡邊徳史(東京都)
▽準決勝
瀬谷龍介0−2芳賀裕介(指定選手)
【最終順位】3位