2018/01/17 オープンキャンパスクラブ

OCCリレートーク#45

由利 涼真
名 前:由利 涼真
学 年:4年
学 部:総合マネジメント学部
学 科:情報福祉マネジメント学科
出身校:水沢第一高等学校  

OCCリレートークの第45回目は、由利涼真さんです。

自己紹介をお願いします!

東北福祉大学 総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科4年の由利涼真です。
出身は岩手県です。推薦B方式で受験しました。趣味は野球です。よろしくお願いいたします。 

東北福祉大学を希望した理由は何ですか?

1つ目は、「福祉」を本格的に学び、「経済」や「経営」系などの科目も幅広く学びたいと考えたからです。将来の日本は、少子高齢化が進行するなどの問題があり、「福祉」が重要となってきます。そこで、将来のためにも「福祉」を学びたいと考えました。

2つ目は、「野球」を継続したいと考えたからです。私は、小学4年生の時に野球を始め、中学~高校も継続しました。全国大会優勝を二度も経験している、強豪の体育会軟式野球部への入部を決意しました。

3つ目は、「ボランティア活動」を継続したいと考えたからです。福祉大はボランティア活動に力を入れていて、ボランティアサークルが多数あり、様々なボランティア活動を行うことができます。また、「福祉ボランティア活動」という科目があり、ボランティア活動を積極的に行うことで、単位の取得ができます。このように、大学でもボランティア活動に力を入れたいと考えました。

私が挑戦したい環境が整っているのは、福祉大しかないと考え、最終的に福祉大への進学を決めました。 

東北福祉大学の魅力は何ですか?

「優しい人が多い」ことと「様々なことへ挑戦できる環境」が福祉大の魅力だと思います。
「優しい人が多い」のは、やはり「福祉」を学びに来ている学生さんが多いのが関係していると思います。ゼミの友達あるいはサークルの友達、先輩、後輩たちなど、本当に優しい方が多いのを実感しています。教授あるいは職員の皆様も、優しく接してくださる方が沢山いらっしゃるので、安心して学生生活を過ごすことができています。

「様々なことへ挑戦できる環境」は、学業だけでなく、ボランティア活動あるいはサークル活動、インターンシップなど、様々なことへ積極的に取り組むことができます。ボランティア活動とインターンシップは、講義で学ぶことができ、単位の取得もできます。サークル活動では、オープンキャンパスクラブなどの大学指定団体というものがあり、大学が様々なサポートをしてくださります。

ちなみに、余談ですが、福祉大はたまに映画のエキストラあるいはオーディション情報を公開することがあります。そこで、私自身、オーディションを通過し、映画「ReLIFE」と「ママレード・ボーイ」のレギュラーキャスト(クラスメイト役)として出演した経験があります(笑)。
このように、福祉大は、様々なことへ積極的に挑戦できる環境が整っているのが魅力です。 

高校時代、受験勉強で苦労したことは何ですか?

 「志望理由書の作成」あるいは「面接」、「小論文」対策が特に苦労しました。
どの対策にも共通して言えることは、本あるいはインターネットを利用して、徹底的にコツなどを調べることと、友人あるいは先生方に、客観的に指導して頂くことが重要だと考えます。
「志望理由書の作成」と「面接」は、今までの実績をしっかりとアピールをし、今後どのようなことに取り組んでいきたいかなどの、具体的で明確なビジョンを伝えることが重要だと思います。
「小論文」は、基本的な文章の書き方をしっかりと覚え、ひたすら過去問あるいは対策本などを参考に文章を書いて、慣れることが重要だと思います。

最後に高校生のみなさんにアドバイスをお願いします!!

何事も「後悔しない」ことが大切です!人生は一度きりです。
過去、現在、未来の自分が後悔しないためには、今何をするべきで、どのような行動を起こせば良いのかを、日々考えて生活をするべきだと思います。私自身、後悔することが沢山ありますが、反省を活かして、何事にも努力をし、なるべく後悔をしないことを心掛けています。私はこの「後悔しない」というモットーのおかげで、憧れだったテレビ局への内定を勝ち取ることができました。皆さんにも、ぜひ「後悔しない」人生を歩んでいってもらいたいです!

次の「OCCリレートーク」は、誰にバトンタッチしますか?

楽天イーグルスのアルバイトで一緒の、女優「波瑠」似の佐藤佑美さんです。よろしく! 

この記事に関するお問い合わせ

入学センター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3312
FAX:022-717-3332
E-Mail:nyushi@tfu-mail.tfu.ac.jp