2019/11/10 地域共創推進室

イオンモール利府店で「まちかど保健室」を実施

2019年11月10日に行われた利府町と本学との連携協力に関する協定締結後、2年目の取り組みとなる事業です。

イオンモール利府店で11月10日、町民の健康づくりを目的とした、はつらつ健康利府プラン推進事業「まちかど保健室」が開催され、本学は特色を活かした「予防福祉健康相談コーナー」を設置しました。保健看護学科と産業福祉マネジメント学科・福祉行政学科の協力のもと、「健康相談」や「血圧測定」「握力測定」「InBody」を実施、学生らしく明るい対応で利用者に接していました。その他のコーナーでは「ミニ講話」「ウォーキングレッスン」「がん予防体験」「肺年齢測定」「ベジプラス100&塩ecoキャンペーン」「アルコールパッチテスト」「スモーカーライザー」等が実施され、延べ825人の利用者が訪れ、盛況の中、無事に事業を終える事ができました。

2020年も継続事業として、第3回「まちかど保健室」の実施を予定

参加学生の感想

  • 今回、第2回「まちかど保健室」を通して、様々な方と交流しながら、健康について考える良い機会だと思いました。短い時間ではありましたが、幅広い年齢の方々が健康相談に来てくださり、健康への関心が高い事を感じました。このような活動を通じて、地域の方たちと交流を深めながら、健康への知識を身に付けて行きたいと思います。また、第2回「まちかど保健室」を開催するにあたり、スタッフの皆さんに大変お世話になりました。貴重な体験ができた事に感謝申し上げます。(福祉行政学科4年・男性)
  • 幅広い年代の方々と関わることができ、それぞれの健康への関心を学ぶことができました。ここからの学びをこれからも生かしていきたいです。(保健看護学科4年・男性)
  • 多くの方と関わることができて楽しかった。また、アンケートを見てみると、年齢や性別により、関心のある項目が異なっていることがわかり、勉強になりました。(保健看護学科4年・男性)
  • 今回、このような事業に参加でき、多くの学びがありました。福祉行政学科で学んでいる人間として、行政の方と一緒に何かをするという経験がとても貴重であり、利府町内外に住んでいる人との交流が出来たのは、自身にとってプラスになったと思う。今回で2回目と言う事だったが、町の人にも役場の方にも良い評価を頂けたようでしたので、第3回・4回と継続した参加をしたいです。(産業福祉マネジメント学科1年・男性)

この記事に関するお問い合わせ

社会貢献・地域連携センター 地域共創推進室
住所:〒981-8523 宮城県仙台市青葉区国見1−19−1 ステーションキャンパス館
TEL:022-380-1068
E-Mail:kyosei@tfu-mail.tfu.ac.jp