2019/06/07 情報福祉マネジメント学科

仙台育英高校情報科学コースとの高大連携事業開始

5月29日に仙台育英高校情報科学コースと情報福祉マネジメント学科による高大連携事業がスタートし、情報福祉マネジメント学科の栁田助手が「福祉と情報」をテーマに授業を行いました。

訪問授業の様子
訪問授業の様子
仙台育英学園高等学校の情報科学コースと本学の情報福祉マネジメント学科による高大連携事業がスタートしました。今回の高大連携は、「情報」という言葉をキーワードとして実現したもので、今年度は本学の教員が仙台育英高校に訪問し、希望者を対象とした授業実施(全5回)を予定しています。

記念すべき第1回目の訪問授業は、栁田助手と漆山講師が訪問し、「情報と福祉」をテーマに50分の授業を行いました。授業では、日々進化し続ける情報技術が福祉や社会の現場でどのような活躍をしているのかについて、実践例等を示しながら説明しました。

授業後には、フリートークの時間を設け、質問などを受付けました。受講生と意見交換をしていく中で、「こういったものは作れますか」「このアプリもこうしたらもっと使いやすいのではないか」等をはじめとした様々なアイディアも含めた有意義なディスカッションとなりました。

今後も授業だけでなく、個々の学生とのフリートークでのディスカッションなど生徒に寄り添ったコミュニケーションを通し、学びだけでない成長に繋がっていくような連携事業を続けていく予定です。

【授業を担当した栁田助手のコメント】
私たちが当たり前に利用しているサービスでも少しの工夫で幅広い年代の人や、ハンディキャップを抱えた人にとっても使いやすいものとなるという話をしたとき大きく頷いてくれたのが印象的でした。

【受講した高校生のコメント1(一部抜粋)】
私は今までゲームなど、楽しむためのものと思っていた物が、使い方や発想によって障がい者の役に立つことを知り驚きました。

【受講した高校生のコメント2(一部抜粋)】
講義を受ける前は情報と福祉はあまり関係ないと思っていたのですが、ICTを使って人を助けられる事がたくさんあったので、自分もそのようなことをできれば良いなと思いました。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp