2019/07/23 情報福祉マネジメント学科

学科主催のキャリアセミナーPart3を実施しました

7月3日に学科のキャリア教育として、本学科の卒業生2名をお招きして講演いただきました。

講演しているOGの尾形氏の様子
講演しているOGの尾形氏の様子
前々回の「キャンパスライフ入門」でのOBによる社会での就労に関する講演、そして、前回の宮城労働局の方による労働法に関する講演を締めくくる形の今回は、再度、学科の卒業生であるOG2名を講師に招き、改めて就労について話をしていただきました。

まず、現在、凸版印刷株式会社に勤めている尾形先輩(学科13期生)が、「可能性を絞るには早すぎる」をテーマに、現在の仕事の内容や大学生活、そして就活に関するエピソードをお話いただきました。
続いて、現在、TIS東北株式会社に勤務し、社会人2年目である飛田先輩(学科15期生)から、SE(システムエンジニア)とはどんな仕事なのか、また大学生活や仕事を通して感じている「誰かに相談をすることの重要性」について、現在の勤務状況を例にあげながら話していただきました。

受講した学生たちは、就活を行う上で、なぜこの会社を選択したのか、そしてどのように就活が決まったのか、また、働く上で大切にしていることについての話を真剣に話を聞いている様子でした。

3回連続で行ったキャリアセミナーとしては、まず社会で働く大変さを知る、次に働くためのルールである労働法について学ぶ、そして、最後に改めて社会で働くことについて学ぶという構成で実施しました。
1年次学生ということで就活にはまだ早い内容と思いがちですが、就活の中では大学で何を学んだのか、どのようなことを行ってきたのかを聞かれることがあります。そのため、大学生のうちにどのようなこと学び、経験するのかを考えることはとても重要なことであり、今回のセミナーが大学生活をどのように過ごすのかを考える機会になったのではないかと考えています。

<受講生の感想 一部抜粋>
・人間関係も築いていくことで社会人になってからも心の支えになるということがわかったので、これから積極的に築いていきたい。
・社会人になると年代を問わずいろんな人と関わる機会が多くなるので、今のうちから自分のコミュニティを広げていきたいと思いました。
・情報福祉マネジメント学科から卒業した直の先輩が社会でどのように活躍しているのかを具体的に、客観的にみることができたため、とても良い機会だった。また先輩方の話す内容がとても具体的で参考になった。
・就職先を探すにあたってのポイントや、どのような意識を持つべきなのかがとてもよく分かりました。情報系の企業はどこかブラックなのではないかというイメージがあったので、払拭できてよかったです。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp