2021/07/19 情報福祉マネジメント学科

教員の声:卒業論文~映像制作系~

教員の声<不定期更新>
学科の教育や活動について学科教員の視点でまとめて報告します。第12回目となる今回は前回の生田目先生の話に応えるように三木教授による制作系の卒論についての紹介です。

三木弘和ゼミの2020年度卒業論文より、Blenderを用いた3DCG映像の制作を紹介します。

「伊達政宗の若林城の復元映像製作」と「コルビュジェの弟子、坂倉準三の設計の鶴岡ミュージアム」の3DCG映像の制作です。
2つの研究共に、単なる映像制作にとどまらず、現存する参考資料や文献を調査・分析を蓄積しながらのCG制作となりました。

佐々木 慶蔵『Blenderを用いた若林城復元CG映像製作』

製作中の若林城(上)と臥龍梅(下)
製作中の若林城(上)と臥龍梅(下)
晩年の伊達政宗の居城である若林城の存在はあまり知られていない。

現状では、仙台城(青葉城)本丸の再現映像やスケールモデルは存在するものの、若林城についての資料は余りに少ない。同時に城址が現存していないことから、世間一般的な若林城の認知度はかなり低い。

若林城に関しては、1984年から仙台市教育委員会が調査主体となり、発掘調査を継続している。仙台市教育委員会の調査成果として、現在は建物の柱跡や池跡、瓦の出土が明らかになっており、建物跡の図面等の資料が存在することがわかった。

仙台市教育委員会の報告書を参考資料とし、若林城がCG 映像(推定部分も含まれるが)で再現できるのではないかと考えた。
仙台市教育委員会や仙台市博物館の研究者に監修して頂きながら、Blenderによる再現映像 をCG映像として視覚化することで、若林城についての理解を深める研究資料の一端となる制作になる事を目標とした。 

森 晴香『ル・コルビュジェの建築デザインから見る鶴岡ミュージアムの考察』

鶴岡ミュージアムのCGによる外観
鶴岡ミュージアムのCGによる外観
モダンデザインの系譜をたどる授業を通し、建築や家具、工芸やプロダクト、絵画やグラフィックなど、様々なデザイナーや芸術家の創造的な思想に興味を持った。

フランスの建築家、ル・コルビュジェの理念を象徴する「家は住むための機械である」という言葉は、まさに私の考えるデザイン観に最も近いものを感じ、コルビュジェ建築に注目した。特に彼の代表作であり世界的なモダニズム建築である「サヴォア邸」に惹かれた。

文献を調査する内に、サヴォア邸と似た鶴岡ミュージアムという日本の建築を発見した。鶴岡ミュージアムはコルビュジェの弟子、坂倉準三の設計であった。数々の研究者や建築家がコルビュジェの設計した様々な建築の研究を行っているが、鶴岡ミュージアムに関しては、時折サヴォア邸と似ている、との言葉は聞くものの、何が近似し、何故似ているのか、といった論点からの研究は未だ存在していない。

サヴォア邸と鶴岡ミュージアムの文献や図面を参考資料とし、2つの建築物をBlenderによる3DCGを制作し、それらを比較検証することでその共通項を明確化すると共に、鶴岡ミュージアムの魅力を再発見していく事を本研究の目的とする。同時に、坂倉がコルビュジェから受けた近代5原則の影響を明らかにすることを目標とした。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp