2017/12/02 教育学科

【学生報告】「土曜しんぶんカフェ」に参加

河北新報社1階ホールで行われた「土曜しんぶんカフェ」に参加しました。

12月2日、河北新報社で第8回「土曜しんぶんカフェ」が開催され、学生9名と教員2名が参加しました。

今回は、教育学部教授、三浦和美先生より「大学教育における新聞活用事例と河北春秋書き写しの体験」と題して講義がありました。はじめに、普段三浦教授が講義やゼミで行っている新聞活用の事例と成果について資料や写真を基に解説がありました。

また、ゼミで取り組んでいる被災地児童支援でも新聞活用を行っているため、先輩から自分たち、そして、後輩に受け継がれている様子も紹介されました。次に、「河北春秋ノート」を使った書き写しで、実際に参加者全員で書き写しを体験しました。

その後、どのようにすれば書き写しが上達するのかについてグループで討論し、現職の先生方の意見も伺いながら考えを深めることができました。また、教育実習を終えた学生たちからは「文字の書き順も子どもたちから指摘されたので、もっと勉強したいと思った」「文字の美しさとともにスピードも大切だと分かった」などの報告も聞くことができました。

最後に、三浦教授から評価のポイントを予め示しておくことやコメントを朱書きして励ますことを継続することで書き写しが上達するという解説がありました。小学校教員には文字を丁寧に書く力が必要であることを再認識し、自分自身について見直す機会ともなりました。

今回「新聞カフェ」に参加してみて、改めて教育に新聞を活用することは重要であると感じました。学び続ける姿勢を持ち続け、これからも学んだことを活かしていきたいです。(教育学科三浦ゼミ3年 半田真幹)

※本イベントの様子は、2017年12月12日河北新報朝刊の「NIEのページ」で紹介されました。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp