2018/02/01 教育学科

【学科報告】冨樫ゼミ・門脇ゼミ合同卒業論文発表会(教育学科中等教育専攻)

2月1日、国見キャンパス6号館651教室にて、冨樫ゼミ・門脇ゼミ合同による卒業論文発表会を開催しました。発表者は、冨樫ゼミの4年生2名、門脇ゼミの4年生4名で、それぞれが卒業論文で取り組んだ研究テーマについて、一人40分の持ち時間で報告を行いました。

冨樫進ゼミ(日本思想史)
石塚真友さん 「東照大権現の研究—徳川将軍家による信仰と利用—」
後藤美波さん 「子母澤寛の新選組観
—大佛次郎『鞍馬天狗』における新選組像との比較を通じて—」

門脇佳代子ゼミ(日本美術史)
橋本あゆ美さん「十二神将に見る図像の変遷—制作年代を脚部から探る—」
大江美鈴さん 「阿弥陀来迎図の構図と機能の関連性」
古関夏菜さん 「広隆寺弥勒菩薩半跏思惟像の制作地と伝来に関する研究」
柏倉広大さん 「仏像における木彫用材—カヤとヒノキの違いについて—」

一人ひとりの興味関心にもとづいて設定された研究テーマは、古代における仏像受容の問題から近代の新選組観まで幅広く、参加した2・3年生からは「これまで意識しなかった視点を知って、興味深かった」「史料の取りあげ方が新鮮だった」といった意見が聞かれました。発表後の質疑応答では活発な意見交換が行われ、普段の授業とは一味ちがう緊張感と、所属ゼミや学年を超えた交流の楽しさを感じるひと時となりました。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp