2019/08/07 教育学科

【学生報告】「2019年夏TFU子ども塾」2日目(三浦ゼミ)

ことチョキで「うちわ」を作ったよ

8月7日、「2019年夏TFU子ども塾」2日目を実施しました。前半は国語と算数の学習支援、後半は新聞を使った活動「ことばの貯金箱」を行いました。

前半の学習では、夏休みの課題の学習と学生オリジナルプリントにチャレンジする学習を行いました。子どもたちは意気揚々と机に向かい学んでいました。

後半に行った「ことばの貯金箱」のテーマは、「自分だけのうちわ作り」です。児童は、新聞から気に入った言葉や写真を見つけ切り取り「チャリーン!」と言いながら「ことばの貯金箱」に入れます。切り取った記事は花火や海の写真など夏らしいものが多く、集めた言葉や写真を画用紙に貼りました。最後に、ラミネートをかけると素敵なうちわが完成しました。作品を発表する時間では、子どもたちは作成にした作品を友達や学生に紹介していました。

(参加した児童の感想)
〇今日はいろんなことを学べて楽しかった。(2年生)
〇いろんなことを教えてもらいわかりやすかった。(3年生)
〇勉強が楽しくなってきた。(4年生)
〇新聞には良いことが書いてあることに気づいた。(5年生)

(参加学生の感想)
〇今回は「ことばの貯金箱」をアレンジしたうちわ作りをしました。子どもたちが「このうちわ家で使おう!」と話していたのを聞いて嬉しく思いました。この活動を通してさらに新聞に興味を持ってくれるといいと思います。(2年 佐藤 史織)
〇1つ1つの活動に、真剣に取り組む姿がとても印象的でした。「ことばの貯金箱」では、1つの記事から、グループ内の会話が弾んでいき、改めて言葉が持つ力を感じることができました。(3年 阿部 妃奈)
〇「問題を作って!」や「もっと新聞を読みたい!」など、意欲的な言葉をたくさん聞くことができた1日でした。子どもたちの笑顔に囲まれて、学びの楽しさが感じられる活動になりました。(2年 多々野 李子)
                                                       三浦ゼミ:2年 伊藤 一帆



この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp