2019/12/21 教育学研究科

【学生報告】工業分野と地形分野の調査を通して地域調査の手法を学ぶ

東北福祉大学大学院教育学研究科に所属する学生の活動を紹介します。

教育学研究科では、「地域調査特別研究」という、地域調査の手法などを実践的に理解することを目的とする講義(+実習)が開講されています。事前調査を行なったうえで、9月7~8日には山形県置賜地域を対象に巡検を行いました。前回に引き続き今回も、現地を巡検するにあたり、必要となった事前調査について紹介したいと思います。

私は、主に「長井市における工業」と「白鷹山における地形」について担当しました。白鷹山における地形に関する事前調査では、主に論文から情報収集を行いました。地形学に関わる論文を読むのは初めてのことだったため、難しい内容も多かったのですが、学びの多い経験となりました。本来であれば、こうした文献調査に加え、事前に現地に赴き、地形的な特徴を詳細に観察する必要があります。しかし、今回の事前調査ではそこまで行うことができず、結果的に、報告内容が不足してしまった点は反省点の一つです。

工業分野と地形分野の調査を通して、さまざまな地域調査の手法を学ぶことができました。この経験で得た知識や調査手法を、将来、教員になった際に、教材研究などで活用できるようにしたいと考えています。
(石橋 拓也)

この記事に関するお問い合わせ

教務部大学院事務室
住所:〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ケ丘6−149−1 ウェルコム21
TEL:022-727-2288
FAX:022-728-6420
E-Mail:graduate@tfu-mail.tfu.ac.jp