TFU教育フォーラム2018(幼保コース版)

  • 12/08(土)~12/15(土)
  • 国見キャンパス1号館大教室(PartⅠ・PartⅡとも)
時間
PartⅠ 12月 8日12:35〜17:35
PartⅡ 12月15日12:35〜17:35
参加費用
無料
対象
保育・幼児教育に関心のある方、またはTFUにおける保育者養成教育に関心のある方(高校生以下も可。下記申し込みフォームからお申し込みください。会場の定員になり次第、締め切らせていただきます)
内容
詳細は下記の【セミナー開催案内】をご覧ください
TFU保育士・幼稚園課程では、あるべき保育の探求のために、学生(1〜4年生 総勢約500人)・教員・卒業生・保育関係者らが一堂に会し、都度テーマを設定して定期的に研究会・講演会・シンポジウム等を開催しています。

このたびは、2017年3月31日に改定(改訂)告示、2018年4月1日より施行となった『幼稚園教育要領』・『保育所保育指針』・『幼保連携型認定こども園教育・保育要領』のいわゆる3法令において「資質・能力の三つの柱」、「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」など新たに提示された視点をもとに、参加者全員で保育・幼児教育を学び合う場を【TFU教育フォーラム2018】の《幼保コース版》として企画しました。

本フォーラムPartⅠでは、そうした新しい視点が実際の保育現場においてはどのように日々の営みのなかに位置づけられているのか、また保育者は子どもの育ちを支えるために実践においてどのように視点を持とうとしているのか、TFU保育士・幼稚園課程の学びの核でもある保育実習・幼稚園実習での実際場面から、参加者全員で探っていこうと考えています。

また、PartⅡでは、今般の3法令改定(改訂)の趣旨を踏まえ、実際の保育のあるべき姿を具体的かつ詳細に文言化・明示化した【保育実践ガイドライン】を考案するなど、TFU保育士・幼稚園課程におけるアクティブ・ラーニングの数々をご紹介します。

例会どおりPartⅠ・PartⅡともに5時間もの長丁場で行いますが、登壇者による報告・発題をもとに、聴講者がインプットするだけではなく、TFU保育士・幼稚園課程における養成教育の特長でもあるダイアローグ(対話)の機会をも設けています。

中途でのご参加・ご退場でも結構ですので、どうぞお気軽にご来場のうえ、本学での保育・幼児教育の学び合いにご参会くださいますようお願い申し上げます。

アクセス