2019/12/25 国際交流センター

国際ゼミ(「文化から読み解く日本のことばと心」)特別企画—俳句を作ろう!




本学の交換留学生を対象とする国際ゼミの後期は、中国人学生が7名、ロシア人学生が2名の計9名の学生が参加しています。

2019年最後の授業は12月13日と20日と2回にわたり、普段「留学生の日本語」を教えていらっしゃる髙橋未有先生にご担当いただき、「俳句を作ろう!」をテーマに、日本人学生有志3名も加わり「句会」を催しました。



 

(髙橋未有先生から)

事前に松尾芭蕉、小林一茶などの俳人や一般の小学生が詠んだ俳句を読みながら、基本的なルールを学び、それぞれに春夏秋冬の季語を考えてもらいました。「お花見」、「夏祭り」、「紅葉」、「こたつ」など日本文化に関わる言葉だけでなく、中国の「月餅」(秋)や「入学」(秋:中国やロシアは秋入学のため)など国際色豊かな季語が揃いました。

 

最後の「句会」は、全員が自作の句とその背景を発表し、他の学生から様々な質問が出ました。他の人の句に深く共感したり、笑いが起きたり、腑に落ちたりと楽しみながら俳句に取り組むことができました。限られた文字数の中で言葉を工夫して使うことは日本語の良い練習にもなります。発表会を通して、留学生と日本人学生双方がそれぞれの文化の違いを楽しみながらも、面白いほど感性が通じ合うこともわかりました。文化は違っても共通性があることが感じられるよい機会になったのではないかと思います。

 

※今回の授業は、国際交流基金「日本語教育通信 授業のヒント—俳句を作りましょう」(https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/hint/pdf/tushin39_p16-17.pdf)を参考にしています。

この記事に関するお問い合わせ

国際交流センター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-301-1296
FAX:022-301-1246
E-Mail:kokusai@tfu-mail.tfu.ac.jp
Tohoku Fukushi University Center for International Exchange
住所:1-8-1 Kunimi Aoba-ku Sendai-shi Miyagi, Japan 981-8522
TEL:+81 22 301 1296
FAX:+81 22 301 1246
E-Mail:kokusai@tfu-mail.tfu.ac.jp