2018/06/30 生涯学習支援室

伊達政宗生誕450年記念歴史講座 第8回「政宗と村」を開講

講座は本学と河北新報社の主催、仙台市などの共催によるもので、月1回のペースで10月13日まで全12回行われます。
第8回となる今回は6月30日、仙台駅東口キャンパスで開講され、東北大学大学院文学研究科文学部准教授の籠橋俊光さんから、「政宗と村」と題してお話しいただきました。

今回の第8回講座は、仙台藩の地方支配機構、秀吉政権と政宗、城と町、荒れ地の開発、領国支配の仕組み、村役人の創出、地方知行制度など、多角的な観点からご講話いただきました。

受講者の感想
「政宗の領国支配について、大変わかりやすく有意義な講義でした。今後も何か政宗に関する講義を聞きたいと思います」        
「政宗の荒地対策の数々の詳細が良く理解できました。また、百姓の存在が国(藩)の基盤になっていることも興味深く拝聴しました」                   

第9回目は7月28日(土)「慶長遺欧使節~国際交流を求めて~」と題して、宮城学院女子大学学長の平川新さんにご登壇いただきます。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

社会貢献・地域連携センター 生涯学習支援室
住所:〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26 仙台駅東口キャンパス
TEL:022-766-8834
FAX:022-766-8835
E-Mail:life@tfu-mail.tfu.ac.jp