2019/06/21 生涯学習支援室

「お口と健康」を開催

6月21日に仙台駅東口キャンパスで、本学教授の土谷昌広先生による「お口と健康」を開講しました。

『齢(よわい)』の部首は「歯」です。「歯が減ることは食事を困難にし、心身の衰弱に直結する」ことが文字の成り立ちと言われています。口の機能低下(噛めない、むせる、口が乾く)が栄養を介した身体への問題だけでなく、気持ちの部分や社会性(人付き合いや仕事)にも大きく影響することは多くの人の共感を得るところかと思います。歯の本数が多い高齢者では食習慣が良いだけでなく、生活の質(QOL)や運動能力が高く、生活習慣病や認知症、寝たきりになるリスクが低下するといった研究結果も報告されています。また、豊かな食生活は単純に栄養を摂るといったものだけでなく、生涯にわたって食事を楽しみ、健康で豊かな生活を過ごすことに繋がります。
講座では、受講者との対話形式の時間もあり、会場は和やかな雰囲気でした。

受講者の感想
「短い時間でたくさんの内容を聞くことができて良かった」
「時間が足りなかった感じです。ぜひ回数を増やしてほしいと感じました」

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

社会貢献・地域連携センター 生涯学習支援室
住所:〒983-8511 宮城県仙台市宮城野区榴岡2-5-26 仙台駅東口キャンパス
TEL:022-766-8834
FAX:022-766-8835
E-Mail:life@tfu-mail.tfu.ac.jp