2016/12/16 レオクラブ

宮城県内初 学生主体の認知症サポーター養成講座を開催

認知症サポーター養成講座を開催したレオクラブ
認知症サポーター養成講座を開催したレオクラブ
宮城県内のライオンズクラブと連携して今年6月に誕生した大学指定団体「東北福祉大学レオクラブ」が学生主体としては、宮城県内で初めての認知症サポーター養成講座を12月10日、仙台駅東口キャンパスで開催しました。

一般市民21人を含め学生ら計41人が参加。講座は90分で、本学の卒業生で関連施設・せんだんの里の地域支援課デイサービス係、課長兼係長の菅間雅子さんが講師を務めました。

内容は認知症の概要からクイズ、正しい理解、原因、症状、サポーターの役割、行方不明者の事例と対応、仙台市の認知症カフェの位置付けまで広範囲に及びました。途中30分のビデオ鑑賞があり、認知症をめぐる状況を具体的に紹介。終了後は全員にオレンジのリストバンドが配られ、修了生は認知症サポーターの仲間入りをしました。

この記事に関するお問い合わせ

学生生活支援センター 学生生活支援課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3314
FAX:022-301-0606
E-Mail:gakusei@tfu-mail.tfu.ac.jp