2017/04/06 社会連携

元気!健康!フェアに4人の教員が登場

聴衆に呼びかける斎藤教授
聴衆に呼びかける斎藤教授
第9回「元気!健康!フェアinとうほく」が4月1、2の2日間にわたり、仙台国際センター会議棟で開催され、本学から4人の先生方が登場しました。

「心身ともに健康な生活」の実現に向け、産学官で取り組むイベントで、大勢の市民が参加しました。初日は医療経営管理学科の関田康慶教授が「家族や組織・企業の健康経営」をテーマに、「適切な栄養、睡眠、運動が健康の基本です」と強調しました。

2日目は総合基礎教養課程の斎藤仙邦教授が「禅でストレスコントロール」を、予防福祉健康増進推進室の鈴木玲子特任准教授が「ロコモ予防体操」と「ニギニギダンベル体操」の2つを実演指導しました。
ロコモ予防体操を実演する鈴木特任准教授(中央)
ロコモ予防体操を実演する鈴木特任准教授(中央)
また、大ホールで医療経営管理学科の河村孝幸准教授が「お見せします、有酸素運動のヒミツ」と題し、有酸素運動を医師が勧める理由は「心肺機能が向上する、血管がしなやかになるから」と説明しました。

スタッフがバイクにまたがり、ペダルを漕いで数値を測定。有酸素運動は呼吸・酸素を取り込む、循環・酸素を運ぶ、筋肉・酸素を使うといった要素の総合能力で決まる、と話しました。
 

この記事に関するお問い合わせ

総務部広報課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113
E-Mail:koho@tfu-mail.tfu.ac.jp