2017/10/19 広報課

松山英樹選手が来学、金谷選手を激励

松山選手の突然の来訪と激励に少し驚きながらも、笑顔の金谷選手(左)
松山選手の突然の来訪と激励に少し驚きながらも、笑顔の金谷選手(左)
プロゴルファーの松山英樹選手(2013年度卒)が10月19日、ゴルフ部部長の大竹榮副学長のもとを訪れ、近況を報告しました。

15日までにマレーシア・クアラルンプールで行われた米ツアーの新シーズン初戦、CIMBクラシックで5位に入り、次戦は中国・上海で26日開幕の世界選手権シリーズ、HSBCチャンピオンズに出場予定の松山選手。

同じく15日までの日本オープンゴルフ選手権競技で2位に入った、ゴルフ部の金谷拓実選手(社福1年)とも顔合わせし「すごいなあ。すごい」と肩をたたきながら、自身の大学1年時の成績(3位)を超えた後輩をたたえていました。

講義出席のため国見キャンパスにいた金谷選手は、突然の先輩の来訪と激励に、驚きを隠せないようすでした。

松山英樹選手の略歴

1992年(平成4)2月25日生まれ。明徳義塾高(高知)から2010年(平成22)に本学入学。同年のアジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権で日本人初優勝。11年マスターズでは日本人初のローアマチュアを獲得。4年時の13年にプロ転向、ツアー2戦目のつるやオープンで初優勝。同年は4勝を挙げ、国内ツアー史上初のルーキー賞金王となった。米国ツアーを主戦場とした14年、メモリアル・トーナメントを制覇、22歳での優勝は米国ツアーでは日本人最年少。17年にはフェニックスオープンを2連覇するなど、通算14勝(国内ツアー8勝、海外ツアー5勝、その他1勝)。世界ランク3位(2017年10月19日現在)。

この記事に関するお問い合わせ

総務部広報課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113
E-Mail:koho@tfu-mail.tfu.ac.jp