2018/10/30 広報課

俳優・笹野高史さんを招き、講演会を開催しました

2009年にステーションキャンパス館で始まった地方創生事業「くにみ街道まつり」が節目の第10回を迎えた10月28日、特別企画として「俳優・笹野高史さんの講演会」が国見キャンパス音楽堂けやきホールで開催されました。
演題は「私の歩んできた俳優人生」で、事前申込者を含め約400人が"笹野トーク"を満喫しました。

座談会の後半、笹野さんは身を乗り出しながら話す
座談会の後半、笹野さんは身を乗り出しながら話す
総合司会を務めた本学の草間吉夫特任教授が、2007年に木村拓哉さんと共演した映画「武士の一分」で日本アカデミー賞の助演男優賞を受賞したことなどを、映像を見ながら紹介しました。

今年6月に古希を迎えた笹野さんは、とても70歳とは思えない颯爽とした姿で登場。中2の時、大きくなったら何になるという話題になり、亡き母親がよく見ていた映画を思い出し、「スクリーンに映っている人、俳優になろう」と決心しました。俳優仲間の佐藤B作さんや柄本明さんが堂々と「役者」と言うのを聞いて、人前で「役者希望」と言えたのは23歳になってからでした。

2人が人気シリーズ「男はつらいよ」に次々と出演し、当時この映画に出演することは「ステータス、夢でした」と悔しげな表情で話しました。やがて念願の出演は叶ったものの出番はわずか。そんな時、励ましてくれたのが主演の渥美清さんでした。「ワンシーンでも腐っちゃいけない。頑張れ!」と声をかけられ、他の俳優からうらやましがられたそうです。予定された50分があっという間に近づいた最後に「(皆さんに)これからも元気な姿を見せたい。そのために精進する」とかみしめるように語りました。

座談会では、本学の大谷学長の著書「永平の風 道元の生涯」を元に2009年に公開された映画「禅(ZEN)」に出演していた笹野さんの登場シーンが映し出されました。大谷学長が「笹野さんが(道元を演じた)中村勘太郎と出会う場面は忘れられない」と語れば、笹野さんは「一番大変だったのは中国語。来る日も来る日も中国語で、口が酸っぱくなった」と思わず渋面になりました。

印象的だったのは、やはり映画についての話。「映画は空気も映す。映画には役者やスタッフの熱意が(画面の)隅に映っている」と、作品に関わる人、全員の思いを代弁しました。最後は本学の学生に「アナログをもう一度見直そう。若い人には創造力を身につけてほしい」とエールを送って、この日の90分間を締めくくり、盛大な拍手を浴びました。

この記事に関するお問い合わせ

総務部広報課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113
E-Mail:koho@tfu-mail.tfu.ac.jp