2018/12/17 広報課

800人が日本一を祝う/硬式野球部・ゴルフ部・軟式野球部優勝報告会

今年の全国大会で優勝した硬式野球部・ゴルフ部・軟式野球部の優勝報告会が12月12日、ホテルメトロポリタン仙台で行われました。現役部員240人に卒業生、関係者ら計800人による盛大な会となりました。

壇上に上がった選手たちの前で挨拶を述べる大谷学長(中央)
壇上に上がった選手たちの前で挨拶を述べる大谷学長(中央)
開会前からにぎわいを見せていた会場に、各部の代表選手がユニホーム姿で壇上に上がると、大きな拍手が沸き起こりました。開式とともに、大谷哲夫学長が挨拶。「大学は人が集まる。変わる。その中でこれだけの優勝ができた。すごいことです。世界で、日本で活躍する人(卒業生)たちがいるが、強く、世界一になろう、日本一になろうという求道(ぐどう)の精神を持っている。自分たちが意識しなくても、大学の雰囲気が染み込んでいる。その一端が、この日本一だと思います」と述べました。

関係団体や関係者から祝辞を受け、各部の主将もお礼のあいさつを行いました。硬式野球部・古川澄也主将は「後輩たちが伝統をつないでくれると思う」、軟式野球部の奥田祐平主将は「今年は全日本、東日本と初めて2冠を達成できた。後輩たちは2連覇をめざしてほしい」。ゴルフ部男子の岡村了主将は「創部30年に花を咲かせようとやってきた。こうして報告できることが誇り」、同女子の髙久ゆうな主将は「来年も今年ほどの成績が残せるよう頑張ってほしい」と、3年生以下の部員たちを鼓舞するように語りました。
記者会見に臨んだ左から金谷選手、松山氏、池田氏、宮里氏、星野氏、石原氏、佐々木氏
記者会見に臨んだ左から金谷選手、松山氏、池田氏、宮里氏、星野氏、石原氏、佐々木氏
集まった卒業生も、硬式野球部は佐々木主浩氏(元米マリナーズ)、石原慶幸氏(広島)、ゴルフ部からはプロゴルファーの星野英正氏、宮里優作氏、池田勇太氏、松山英樹氏らとそうそうたる顔ぶれ。各氏は記者会見にも応じ、佐々木氏は「学生日本一になりましたが、(これからは)世界一をめざしてほしい。(ゴルフ部OBは世界で活躍する選手が多く)野球の方も世界をめざして後輩たちには頑張ってほしい」、松山氏は「この結果に満足せずに勝ち続けてほしい」とエールを送っていました。

この記事に関するお問い合わせ

総務部広報課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113
E-Mail:koho@tfu-mail.tfu.ac.jp