2020/01/15 広報課 保健看護学科 福祉心理学科

東北初のおふろ部入部!/㈱ノーリツ、仙台市と連携協定

東北福祉大学は1月15日、仙台市役所で㈱ノーリツ、仙台市と「『おふろ部』に関する連携協定」を締結しました。協定締結式には、本学から千葉公慈学長、寺下明副学長、保健看護学科・杉山敏子学科長、赤井由紀子教授、渡邊生恵准教授、福祉心理学科・吉田綾乃教授らが、㈱ノーリツから國井総一郎代表取締役社長、仙台市からは郡和子市長らが出席しました。

協定の目的は、入浴を通して市民の健やかな生活を共に創造し、水道水の魅力に関する情報発信等の取り組み(おふろ部)を協力して行っていくこと、となっています。おふろ部は㈱ノーリツと神戸市水道局によって2016年2月に産学官連携事業として始まったもの。今協定の締結で全国7自治体12大学となり、関東以北の自治体、大学の入部は初めてのこととなりました。

締結式には、おふろ部入部が内定している保健看護学科8人、福祉心理学科3人と計11人の2、3年生も出席。千葉学長は「おふろは人間にとって非常に大事な営み。世界中の大統領や首相が一緒におふろに入ったら、いさかいのいくつかがいい方向に行くのでは。理念を理解し、おふろの良さを世の中に発信していただきたく思う」、國井社長も「これまで活動は西日本が中心だったので、仙台から(東北、東日本に)広がっていくと期待しています」と、事業を通しての学生たちの成長と活躍を願いました。

本学ではゼミ活動の一部からまずは取り組む方向で、㈱ノーリツの支援を受けながら、学生たちがSNSでのおふろの魅力や効能、健康やリラクゼーションに関する記事作成し発信していきます。また、国見祭や国見街道まつり等で計画されるおふろをテーマとしたイベントの運営補助等も、仙台市水道局と協力して行う見込みです。締結式に参加した学生からは「卒業後に社会で必要とされるコミュニケーション力を情報発信を通じて磨いていきたい」「地域の方々へ効果的に伝える宣伝方法を身につけたい」などと意気込みが語られました。
協定書を手に左から千葉学長、仙台市・郡市長、㈱ノーリツ國井代表取締役社長
協定書を手にした、左から千葉学長、仙台市・郡市長、㈱ノーリツ國井代表取締役社長
保健看護学科、福祉心理学科学生も参加し、にぎやかな締結式となりました
保健看護学科、福祉心理学科学生も参加し、にぎやかな締結式となりました

この記事に関するお問い合わせ

総務部広報課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113
E-Mail:koho@tfu-mail.tfu.ac.jp