2020/10/09 広報課

令和2年度9月30日付「学位記・卒業証書授与式」が執り行われました

令和2年度9月30日付「学位記・卒業証書授与式」が10月9日、国見キャンパス管理棟の大会議室で執り行われました。学部の卒業生5人のうち3人が出席。寺下明副学長から一人ひとりに卒業証書が手渡されました。

卒業生にはなむけの言葉を贈る寺下副学長(正面右)と高橋センター長(同左)
卒業生にはなむけの言葉を贈る寺下副学長(正面右)と高橋センター長(同左)
祝辞として、寺下副学長は「コロナ禍の中、初心を貫かれた皆さんの努力に対し、敬意を表する。これからの時代は先が分からない。人工知能が進歩すると、これまでの労働中心の価値観が変わっていく気がする。人間と社会のあり方を考えていってほしい。また、本学の建学の精神“行学一如”と教育理念“自利利他円満”をいつも思い出してほしい。皆さんのご健勝とご活躍を祈る。卒業、おめでとうございます」と激励の言葉を贈りました。

国際交流センターの高橋加寿子センター長は「これまで孤独な闘いもあったことでしょう。この日を迎え、貴重な経験をし、乗り越えたことを自分の力にしてほしい。先生も応援していく」と述べました。

3人は、教員や企業の道など、めざす方向は違っても、卒業という節目を迎え、秋晴れのような爽やかな表情を浮かべました。