2021/10/12 PR課 硬式野球部

オリックス球団が硬式野球部・椋木投手、大里内野手に指名挨拶

左から牧田編成副部長、山口スカウトグループ長、椋木投手、大里内野手、福良GM、上村スカウト
左から牧田編成副部長、山口スカウトグループ長、椋木投手、大里内野手、福良GM、上村スカウト
10月11日のプロ野球(NPB)ドラフト会議で、オリックス・バファローズから指名された1位の椋木蓮投手と育成3位の大里昂生内野手(ともに情報マネジメント学科4年)が12日、本学国見キャンパスで、球団から指名挨拶を受けました。

訪れたのは福良淳一GM兼編成部長、牧田勝吾編成副部長、山口和男アマチュアスカウトグループ長、担当の上村和裕アマチュアスカウトの4人。学長室で挨拶を受けた千葉学長は「歴史と伝統のあるオリックス・バファローズさんから1位指名をいただき、大変誇らしく、ありがたく思っています」と述べました。

指名挨拶後、球団の帽子を福良GMから被せてもらった椋木投手は「プロのものを身に付けるのはすごいこと。うれしく思っています」と笑顔を見せました。オリックス・中嶋聡監督のサインが入った、ドラフト会議のIDカードをもらった大里内野手は「一生の宝物にします。ここからは自分が精一杯頑張るだけです」と意気込みました。

福良GMは椋木投手に対し「先発、後ろ(中継ぎ、抑え)どちらでも行けるが、入ってから現場の判断に任せたい。合流するときに元気な体できてくれれば」、上村スカウトは大里内野手を「ボールに対するコンタクトが上手で、チームバッティングもできる。これからさらにパワーをつけて、広角に打てる技術を身に付けていってほしい」と評価し、期待をかけていました。
福良GMに球団の帽子を被せてもらった椋木投手
福良GMに球団の帽子を被せてもらった椋木投手
上村スカウトから中嶋監督のサイン入りドラフト会議場IDを手渡された大里内野手
上村スカウトから中嶋監督のサイン入りドラフト会議場IDを手渡された大里内野手

この記事に関するお問い合わせ

総務部PR課(旧広報課)
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113
E-Mail:koho@tfu-mail.tfu.ac.jp