2017/09/28 産業福祉マネジメント学科

第33回生鮮合同提案会 フレッシュ食の祭典に学生らが「ナマコの加工試作品」を出展

9月27日、仙台卸商センター産業見本市会館サンフェスタで行われた「第33回生鮮合同提案会 フレッシュ食の祭典」に、産業福祉マネジメント学科・鈴木康夫教授とゼミ生が「ナマコの加工試作品」を出展しました。

このイベントは、8月に行われたジャパン・インターナショナル・シーフードショー同様、魚介類やその水産加工品などのビジネスを目的とした商談会。今回は仙台の企業である仙水グループ主催のイベントで、主に宮城県内の企業が出展しました。

東北福祉大学では、引き続きナマコの加工試作品を展示、試食提供も行いました。

学生たちはブースに訪れた方に積極的に試作品のPRや事業概要を説明していましたが、事業の目的を理解してもらうのに苦労する場面もあり、「単純なビジネスということではなく、復興支援でもあるこの事業の目的をもっと理解してもらえるようにしたい」と話していました。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

企画部
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3329
FAX:022-233-3113
E-Mail:kikaku@tfu-mail.tfu.ac.jp