健康の自己管理能力を養う食育支援 ~生きる力を確かなものにする青年期の食育支援プログラム~

取組の社会的背景

わが国では、伝統的に、食育は家庭で担われてきました。しかし、核家族化の進行や、女性の社会進出により、家庭における食育機能は低下の一途をたどっています。
 食育機能の低下は、「食生活の乱れ」をもたらし、「生活習慣病」等、心身の健康状態を悪化させる要因となります。
 政府も、この危機的状況を回避するため、平成17年度に「食育基本法」を制定し、具体的な取組を開始しました。
 本学でも、これまでの取組を継承し、次代の食育を担う学生に対し、望ましい食生活の実践を通して健康の自己管理能力を確たるものとする新たな食育支援を展開します。
shokuiku

従来の学生支援の理念を継承して取り組む3つのプロジェクト

学生の食生活調査をもとにした食育支援

shokuiku01
健康診断や元気点検票等で得られた学生一人一人の健康情報を、食の現場である学生食堂や本学レストランで、活かす試みです。
 例えば、塩分や糖分を控える必要のある学生には、その配慮をしたメニューを提供しようとするものです。食アレルギーや宗教上の理由で食材が制限されている学生に対しても、適切な食事提供が成し得るのではないかと、その効果が期待されます。
 また、料理等の経験のない学生を対象に、本学食科学応用研究施設「食工房風土」にて、「食の学校」を開設し、実践的食育指導を展開する予定です。

「大地の恵み」プロジェクト

shokuiku02
学生が、時系列に沿って、肥料作り、土作りから収穫そして食するまでの全過程を体験するなかで、生きる力を体得させようとするものです。
 食堂から排出される残飯や構内の落ち葉をコンポストで堆肥化し、専用のビニールハウスやプランターで自らの手で野菜等を収穫する計画です。
 また、「食工房風土」が栽培契約を結んでいる農家や地元農家と提携し、農業体験も予定しています。

「一人暮らしへのエール」プロジェクト

shokuiku03
一人暮らしの学生に、今の旬の食材そしてその調理法といった情報をCD・DVDやレシピ集等で提供し、学生自らによる調理を支援するものです。
 また、「大学市場」を開設し、安全で安価な食材を提供する計画です。

この記事に関するお問い合わせ

企画部
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3329
FAX:022-233-3113
E-Mail:kikaku@tfu-mail.tfu.ac.jp
社会的・職業能力育成プログラムに資する認知・脳科学的エビデンス情報提供基盤の構築
児童青年期精神障害および高齢者関連疾患における先進的個別化予防ケアシステムの構築に関する研究
防災・減災・ボランティアを中心とした社会貢献教育の展開
サイバー・キャンパスを利用した教育情報弱者と国外在住者に対する総合福祉学通信制教育事業
五感を介する刺激測定に基づく健康向上のための人間環境システムの構築
ヘルス・システムの変容とヘルス・リテラシーに関する研究
戦略的研究基盤形成支援事業 「東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築」
戦略的研究基盤形成支援事業 「東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築」業績一覧
求人情報提供のICT化によるアウトリーチ型就職支援教育の展開
健康の自己管理能力を養う食育支援 ~生きる力を確かなものにする青年期の食育支援プログラム~
小・中学校における特別支援教育支援員の養成プログラム
仙台圏所在の大学等の連携を強化・拡充することによる相互的及び総合的発展
ボランティア学習による21世紀型市民の育成
仙台ウェルネスコンソーシアム
ロコモジムナスティックス(ロコモ体操)ビデオ紹介
高齢者雇用実態に関する調査