感性福祉研究所の研究設備

MRI(3テスラ)

MAGNETOM Skyra fit
MAGNETOM Skyra fit
当研究所では、1999年より機能的磁気共鳴画像(functional magnetic resonance imaging : fMRI)を 用いて、脳機能と感性の相関に関する研究に取り組んできました。

2009年に磁場強度が2倍でボア径 (計測空間の直径)が90cmのMRI装置(3テスラ) に更新し、研究を発展させるとともに、3倍の空間分解能、60倍の時間分解能のfMRI 計測法の開発にも取組んでおり、その成果は国際的な学会で公表され世界に発信されています。

研究には、fMRIの礎となるBOLD効果を1990年に発表した本学特任教授 小川誠二先生が参加しています。BOLD効果を用いたfMRIの研究は非侵襲的な方法であり、今日の脳機能に関する様々な研究の発展に大きな貢献をしています。

音楽療法実験室

音の反射率が異なる材質で作られた回転筒を並べた壁面と、開閉角度を調節できる反射板を備えた天井で、音の反射量を調整することができます。 録音スタジオとしても利用しています。

動作解析室

身体運動の力学的・三次元動作解析を行うために、8台の赤外線カメラを装備した三次元動作解析装置と、4枚の床反力計から構成される身体運動計測システムが、設置されています。

その他設備

・デジタル脳波計
・ポリグラフ
・非観血的連続血圧計
・眼球運動解析装置
・アイカメラ
・口腔機能解析システム
・分子細胞解析システム
・細胞培養装置システム
・高速液体クロマトグラフィ
・水耕栽培システム 等 

この記事に関するお問い合わせ

感性福祉研究所
住所:〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ケ丘6−149−1 国見ケ丘第1キャンパス
TEL:022-728-6000
FAX:022-728-6040
E-Mail:kannsei@tfu-mail.tfu.ac.jp
感性福祉研究所
Kansei Fukushi Research Institute
感性福祉研究所の研究設備
感性福祉研究所の趣旨