学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)

東北福祉大学では、ディプロマ、カリキュラム、アドミッションの3つのポリシーに基づき、機関レベル(大学)・教育課程レベル(学部・学科)・科目レベル(授業・科目)の3段階で学修成果を査定する方法を定めています。

1.機関レベル

学生の志望進路(就職率、資格・免許を活かした専門領域へ就業率及び進学率、等)から学修成果の達成状況を査定します。

2.教育課程レベル

学部・学科の所定の教育課程における資格・免許の取得状況、卒業要件達成状況(単位取得状況・GPA)から教育課程全体を通した学修成果の達成状況を査定します。また、学年ごとの単位取得率・成績分布の状況から、学士力における汎用的技能と態度・志向性について、1年次における基礎、2年次における活用と実行、3年次における応用と定着、そして4年次での統合的学習、創造的思考の獲得状況を学修成果として査定します。

3.科目レベル

シラバスで提示された授業等科目の学修目標に対する評価、及び学生アンケート等の結果から、科目ごとの学修成果の達成状況を査定します。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
大学について
一般事業主行動計画
学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)
寄附の受け入れ
東日本大震災 修学支援に対する学生からの感謝メッセージ
学生・教職員・卒業生数
大学評価
財務・事業報告
学長挨拶
関連法人
建学の精神及び教育の理念
教員募集
学則
学部・学科等設置計画履行状況報告書
校歌の歴史
校章・マーク・カラー
多様な学修・資格・科目
教育の質保証:東北福祉大学
IRセンター
公的資金等の不正使用の防止に関する基本方針
各種方針
大学の歩み
大学広報誌「TFU Newsletter 東北福祉大学通信」