教育学科の教育方針

学科長メッセージ

「気付く力」と「思いやる心」を大切に

教育学科 学科長 石原 直
教育学科 学科長 石原 直
湯川秀樹博士の著書のなかに「創造力は、ある一定の順序立てられた知識のうえに発揮される」という一節があります。単に人と違うことをするのは個性や創造力ではなく、単なるわがままです。奇をてらうのではなく、一つひとつ地道に、そして確実に学びを進めていくことで揺るぎのない土台ができ上がっていくものであり、そこに一人ひとりの個性が加わり、その人らしい、その人だからこその創造性が発揮され、その人にしかできない教育が実践できるのです。

教育の現場では、学習内容や児童生徒を深く理解し、生涯にわたって能動的に学び続ける教員が求められますが、大切なことは「気付く力」と「思いやる心」だと思っています。子どものわずかな変化や想いに気づき、自分は何ができるのかと考え、この子たちの希望や願いは何だろうと思いやる。教員をめざす学生には、「気付く力」を高め、「思いやる心」を育ててほしいと願っています。

教育学科紹介ページ

教育研究上の目的

乳幼児・児童・生徒の発達の特性をいかした教育を研究するとともに、自らの実践を省察する能力を有する人材育成を目的としています。

教育目標

本学科は、特別な支援を必要とする子どもたちに対応できる資質を基盤にして、幼児教育から中等教育、特別支援教育、さらには生涯学習を含む幅広い教育を学び、さまざまな教育的課題やニーズに柔軟に対応できる実践的指導力のある保育士・教員等を養成することを目標にしています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

求める学生像

本学科は、多様化複雑化する現代社会において、さまざまな教育的課題に適応できる保育士・教員などの養成を目標としています。そこで求められる資質は高い専門性と柔軟な対応力です。乳幼児・児童・生徒を取り巻く日常生活や周辺環境で生じる諸課題を広い視野で正面から受け止め、深く理解したうえで、適切かつ柔軟に対応できる力が必要になります。そのため、入学後の学修や実践に必要な知識や実技能力を有し、次の点で意欲的な学生の入学を期待します。
  • 自然、文化、教育など人間の営みにかかわる諸問題に関心を広げていこうとする人。
  • 自分の考えや気持ちを的確に表現し伝えようとする人。
  • 積極的に他者とかかわり、対話を通して相互理解に努めようとする人。
  • 物事を多面的かつ論理的にねばり強く考えようとする人。

入学前に培うことを求める力

〔知識・技能
  • 高等学校までの履修内容について、総合的に身に付けている。
  • 多様な背景を持つ人々とコミュニケーションができる基礎的スキルと経験を身に付けている。
〔思考力・判断力・表現力等の能力
  • これまで得た知識や技能を現実の社会問題と結び付けて考えることができる。
  • 自らの考えや気持ちを他者に的確に伝えるために、話したり文章で述べたりすることができる。
  • ものごとを筋道立てて考えることができる。
〔主体性をもって多様な人びとと協働して学ぶ態度〕
  • ボランティア活動やクラブ活動などの社会的活動において、子どもからお年寄りまで幅広い世代の人々やさまざまな人々と積極的に交流した経験がある。
  • 子どもを取り巻く社会的な諸問題に関心があり、子どもの福祉・幸福に貢献する意欲がある。

評価方法

  • 知識・技能については、入試選考方法や提出書類の活動報告書・調査書・推薦書・学力検査・レポート・プレゼンテーション・小論文・科目試験により評価します。
  • 思考力・判断力・表現力などの能力については、入試選考方法や提出書類の志望理由書・推薦書・学力検査・レポート・プレゼンテーション・ディスカッション・面接・小論文・科目試験により評価します。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度については、入試選考方法や提出書類の出願確認票・志望理由書・活動報告書・調査書・レポート・プレゼンテーション・ディスカッション・面接により評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育課程の編成

本学科は「初等教育(幼保コース、小幼コース、小特コース)」および「中等教育」の2専攻で構成しています。各専攻では、それぞれの専門性を基盤にした実践力を有する保育士や幼稚園教諭・小学校教諭・中学校教諭・高等学校教諭・特別支援学校教諭の他、中等教育専攻では社会教育関連の従事者養成をめざしています。

各専攻における実践力養成のため、附属の研究施設等と連携し、さらに福祉系科目や心理学系科目などを幅広く学び、乳幼児・児童・生徒をさまざまな面から支援する方法を総合的に理解できるような教育課程を編成しています。

学修方法・学修過程

教育課程の授業科目は、幅広い教養を身に付けることを目的とした「基盤教育課程」と高い専門性とキャリアアップをめざす「専門教育課程」の2つで構成しています。

a 初年次教育
1年次には、リエゾンゼミⅠにおいて、講義ノートの取り方やICT を用いたレポートや図表、プレゼンテーションの作成などの「学びの基本」について学びます。また、設定したテーマについてグループワークによるコミュニケーション能力の向上を図るとともに、「教育」の観点からキャリア形成を行っていくなど学生生活にスムーズに入れるような学修を展開します。

b 専門教育
「専門教育課程」では、保育士・教員等に必要な、高い専門性を支える基礎・基本を学び、アクティブ・ラーニングや協働学習を取り入れながら「専門性の充実」をめざします。

c 特色ある教育(特別支援教育の充実)
特別な支援を必要とする子どもたちに対応できる保育士・教員等を養成するため、専攻・コースにかかわらず、すべての学生に特別支援教育に関する科目を必修化します。障がいがある子ども、情緒面や行動面に問題がある子どもへの具体的な指導については、特別支援教育学校や児童福祉施設などの実践に学びながら、学習支援や家庭支援等についての理解を深めていきます。

d キャリア教育
「行学一如」の理念を具現化するために、学生間、学生と教員、学生と学校とのリエゾンを重視します。特に、学生が学校現場を「直接体験する教育実践活動」(1~4年次)を推奨し、あわせて保育施設や学校、社会教育施設での実習や教育実践活動、仙台市教育委員会をはじめとする自治体と連携したリエゾン型キャリア教育をとおし「実践的指導力の向上」をめざします。また、さまざまな講義・演習時の実技・実験・調査等により省察力や課題解決能力を養成し、「専門性」と「実践力」の融合を図ります。
4年間をとおした学修ポートフォリオの作成などにより、自らの力量を主体的に高めていくとともに、さまざまな場面において、他者と協働していくことのできる保育士・教員等を養成します。
 
e 学生へのさまざま支援
  • 保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史・公民)、特別支援学校教諭(聴覚・知的・肢体不自由・病弱)の他に、学校図書館司書教諭、社会教育主事、司書、学芸員などの資格取得のためのサポートを行います。
  • 保育士・教員等としての生涯を見据えたキャリア教育を進めます。その一環として、教育実践活動や保育・教育実習への支援を行います。また、保育・学校現場で教職に就いている卒業生との交流の場として「教育フォーラム」を行います。

学修成果の評価の在り方

学修の展開や蓄積の可視化を図るため、ルーブリックや学修ポートフォリオを活用しながら、以下の観点で評価し、それを教育課程の改善にいかしていきます。
  • 教育科学および発達心理、幼児教育ならびに特別支援教育を中心とした保育・教科教育、あるいは社会教育関連の各専門分野に関する知識・技能を理解・修得しているか。
  • 保育士・教員等に必要な知識・技能を理解・修得しているか。
  • 保育・教育等の課題に主体的、協働的に取り組むことができる能力を修得しているか。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位の授与に関する方針)

授与方針

「考える楽しさ」「学ぶ喜び」を育てる専門職として、乳幼児・児童・生徒一人ひとりの発達の特性を理解し適切に対応し、学んだ諸能力を教育現場で効果的・柔軟に発揮、さらに自らの学びを土台に、自ら考えたことや実践したことについて省察する能力を有し、本学科所定の単位を修得し、求められるGPA(*1)を満たした学生に学位を授与します。

学生が身に付けるべき資質・能力

I.確実な知識、理解、技能を有し、広い視野を持ち、高度な専門性を備え、実践的な指導力を身に付けた学生
a.乳幼児・児童・生徒理解
乳幼児・児童・生徒一人ひとりの発達の特性を理解し、適切に支援できる知識と能力を備えている。
b.確実な知識、理解、技能
教育学の基礎的な知識を有し、「考える楽しさ」「学ぶ喜び」を育てる専門職として、学んだ知識・技能を高め続けようとする研究心や意欲を備えている。
c.実践的な指導力
学んだ諸能力を保育・教育現場で効果的かつ柔軟に発揮できる実践的な指導力を備えている。
d.課題解決能力
教育活動等における課題を把握し、その課題解決に必要な情報の収集・分析・整理をし、その課題の解決ができる。
e.ICT活用能力
ICTを用い、情報収集・分析・プレゼンテーションを適切に行うことができる。

II.教育に対する強い使命感と責任感を持ち、豊かな人間性を備えた学生
a.教育に対する使命感と責任感、愛情
教育に対する強い使命感と責任感を持ち、愛情を持って乳幼児・児童・生徒に接することができる。
b.健康な心身と豊かな人間性
心身の健康の大切さを理解し、豊かな人間性に基づいた教育活動を展開できる。
c.自らの実践に対する省察
自らの「学び」を土台として、自ら考えたことや実践したことについて省察し、新たな課題に立ち向かう柔軟さや粘り強さを備えている。
d.コミュニケーション能力、チームワーク
連携、協働の大切さを理解し、乳幼児・児童・生徒ならびに地域住民や保護者、教職員と連携し、自分と異なる考えを持つ人とも互いに尊重しつつ、教育課題等にチームとして取り組むことができる
e.道徳性と倫理観、社会性
倫理、道徳に関する知識と技能を踏まえ、自らの良心と社会の規範やルールにしたがって行動し、人々の幸せや地域・社会の発展のために貢献できる。

(*1)GPA:Grade Point Average の略。授業科目ごとの成績について、例えば5段階(秀・優・良・可・不可)で評価した上で、それぞれに対して4・3・2・1・0のようにグレード・ポイント(GP)を付与し、その平均を算出して評価を行います。

この記事に関するお問い合わせ

企画部
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3329
FAX:022-233-3113
E-Mail:kikaku@tfu-mail.tfu.ac.jp
教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp