産業福祉マネジメント学科の教育方針

学科長メッセージ

気付きが好奇心を生み、興味に発展する

産業福祉マネジメント学科 学科長 岡 正彦
産業福祉マネジメント学科 学科長 岡 正彦
東北の地域課題に取り組む産業福祉マネジメント学科で大切にしているのが、トータルマネジメント力です。トータルマネジメント力とは、「①観察する→②気付く→③What?Why?と考える(好奇心が生まれる)→④興味を持つ→⑤深く調べる」というサイクルであり、それを繰り返すことでのみ獲得できる力でもあります。

トータルマネジメント力を磨くため、本学科では企業との交渉やプレゼンテーション、調査など、学外でのフィールド学修の機会を多く設けています。目の前の現象に疑問をもち、違う角度から光をあて、正解を疑い続けること。新たな気付きは好奇心を生み、興味へと発展していくことでしょう。

学生の行動力が地域社会にどんな未来をひらくのか、期待値大です。

産業福祉マネジメント学科紹介ページ

教育研究上の目的

主として産業界にあって、経済的な公立経営に加えて、福祉的経営の視点も考慮することにより健全な経営を実現できる人材を育成することを目的としています。

教育目標

近年、物事の本質や重要性を認識し、困難な問題でも積極的に解決しようとする問題発見・解決型のマネジメント能力を持った人材が強く求められています。また、社会に貢献するためには、「ヒト」「モノ」「カネ」をシステマティックにマネジメントするスキルとチームを成功に導くリーダーシップを身に付ける必要があると考えます。
本学科では、本学の建学の精神である「行学一如」と教育の理念である「自利・利他円満」を実現するために、人や社会のさまざまな問題を掘り起こし、提案・解決できるマネジメント能力に優れたリーダー的人材ならびに福祉マインドを持った創造性豊かな人材の育成をめざしています。
これらの目標を実現するために、以下の教育理念を掲げています。
  • 「教養教育の重視」:教養は、人間性を豊かにし、人生そのものに潤いを与えてくれるものです。専門性の高い教育を行う際においても、常に教養教育の視点を忘れずに幅広い人間性の醸成に取り組みます。
  • 「学際的研究」:情報科学が取り扱う学問領域は多種多様であり、これを「学際的」と言います。問題を分析・解決するために特定の学問からのアプローチだけはなく、さまざまな学問領域から多角的に見ることができる人材の育成に取り組みます。
  • 「問題解決型実践授業」:社会や地域に存在するさまざまな問題を解決するため、自ら行動・研究し具体的な解決策を提案・実践できる人材を育成します。
  • 「現場主義」:本学の建学の精神である「行学一如」を遂行するためには、積極的に学外に出て現場を精査して研究の成果を社会や地域に還元しなければなりません。机上の空論ではなく、常に現場とそこにいる人々に寄り添うことのできる人材を育成します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

求める学生像

<主体性を持って人々とともに学ぶ意欲を持ち、地域に貢献する気持ちを有する人>
本学は「行学一如」の建学の精神のもと「自利・利他円満」を教育理念としています。学問だけではなく、実践しながら、理解を深めていくことを建学の精神としているわけです。また、自己の考えをしっかり形成し人に伝えるとともに、人の意見もよく聞きながらお互いの理解を深めていくことにより、自分だけでなく周りの人、地域の人など、さまざまな人々の幸せに貢献できる人材の育成を目標としています。

入学前に培うことを求める力

〔知識・技能
国語はすべての学修に必要な基本科目であり、文章を読み内容が正確に把握できること、自分の考えを文章で表し、他の人が正しく内容を理解できることが特に重要です。英語は、グローバル化の進んでいる現在では、外国の人との意思疎通に必要な英会話が必須で、英語の文献を読むことも大学の学修では必要であり、辞書を見ながらでも英文の読解ができることも求められます。数学は、複雑な関係を整理して簡単に表し推論を容易にするので、基本的な内容を学習しておいてください。

〔思考力・判断力・表現力などの能力
物事を多方面から考える思考力、それに基づく判断力は、私たちが生きる上で常に必要とされます。いろいろな経験を経て身に付く能力なので、クラブ活動などを積極的に行うことも必要でしょう。また、自分の考えを言葉や文章で他の人に伝える能力—表現力—も私たちの生活には不可欠です。

〔主体性をもって多様な人びとと協働して学ぶ態度 
しっかりとした自分の考えを持つ一方、いろいろな人の考えを理解し、自己に役立てながら協働して学ぶ態度も身に付ける必要があります。

評価方法

  • 知識・技能については、入試選考方法や提出書類の活動報告書・調査書・推薦書・学力検査・レポート・プレゼンテーション・実技試験・小論文・科目試験により評価します。
  • 思考力・判断力・表現力などの能力については、入試選考方法や提出書類の志望理由書・推薦書・学力検査・レポート・面接・実技試験・小論文・科目試験により評価します。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度については、入試選考方法や提出書類の志望理由書・活動報告書・調査書・レポート・プレゼンテーション・面接により評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科では、教育目標と教育理念を達成するために、基盤教育科目、専門教育科目を体系的に編成するだけではなく講義・実習・演習などを適切に組み合わせ、能動的学修を促進する授業を開講します。カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連性を示した履修モデルを作成しています。
教育課程編成、学修方法・学修過程、学修成果の評価のあり方、多様な学生の支援については以下のように方針を定めます。

教育課程編成

初年次教育
1年次には全員リエゾンゼミに入り、大学における勉学方法、情報処理能力、キャンパス生活、コミュニケーション能力、キャリア形成といった基本的な学修を行い、学生生活にスムーズに入れるよう指導します。また、東北の地域課題、現代福祉の基礎、マネジメント基礎論等の基礎科目を履修し、社会科学を学ぶ問題意識の形成を図ります。

基盤教育科目
幅広い教養を身に付けることを目的とし、人間の社会・文化的活動、心身の健康の問題、人間の多様性、科学的な考え方、地域・社会とのかかわりについて学修します。本学の教養教育は、現実社会とのつながりや実学・実践を重視した学びを特色としています。

キャリア教育
キャリア教育では、自らかかわる(主体性)、自ら考える・気付く(課題発見能力など)、自らアクションを起こす(実行力)ことを目標にしています。本学では、リエゾン型キャリア教育というものを開発し、1年次より社会とのつながりを持って実践的にキャリアアップを進めています。

専門教育
学生は、2年次から自らの意志に基づいてゼミを選択し、専門科目を少人数のグループ教育により学びます。そこでは、自ら問題を発見し、自ら資料を探し調査し、報告し、ゼミ生・教員と議論を行うことになります。また、ゼミの運営も学生に任され、リーダーシップを発揮する機会が与えられます。カリキュラムは、福祉系、マネジメント・リスク系、経済・経営系、キャリア教育系、労働衛生系と体系的に用意され、学生の問題意識にしたがって体系的に履修できる体制を整えています。
講義においても、可能な限り学生との双方向の形態を採ることにより、学生の予習・復習を前提とした積極的学修を促す方針が採られています。

資格の取得
現在、社会で必要とされている資格の取得をめざします。
  • 防災士(減災と社会の防災力向上の役割を担う)

学修方法・学習過程

アクティブラーニング
アクティブ・ラーニングを取り入れた多様な教育科目を受講することで、初年次から主体的な学びの力を高めることができます。

学修ポートフォリオ
学修ポートフォリオを4年間かけて作成し、自己の学修成果と学生生活を自分自身で管理、振り返ります。また、学内ポータルサイトを活用し、学生と教員の双方向のコミュニケーションを密にすることで学修成果を高めることができます。

PBL
初年次から、問題解決型学習(PBL)に取り組むことで、高度な問題発見・問題解決能力を核とする「人間力」を身に付けることができます。

学修成果の評価の在り方

学修成果の評価方法は、期末試験に加え理解度を適宜確認するために、小テストやレポートを行うことがあります。また、学生が主体的に学修計画、評価が行えるようにリエゾンポートフォリオやルーブリック等を活用します。なお、科目ごとの評価は、シラバスに明記された方法に沿って行われます。

多様な学生の支援

キャリア形成支援
  1. 生涯を見据えたキャリア形成支援を行います。キャリア形成支援の一環として、インターンシップ・各種実習・ボランティア活動・留学などの支援、進学説明会、卒業生との交流会を設けます。
  2. 授業に関する質問については、授業内や授業後、オフィスアワー、Web学習支援システム(e-ラーニング)など質問の機会を多く設け丁寧に応じます。
  3. 各種相談については、初年次のリエゾンゼミの主担任・副担任・ピアメンター(先輩学生)、リエゾンゼミⅡ~Ⅳや演習科目の担当教員、学科長、その他関係部署の職員が相談に応じ支援します。
  4. 各種ボランティア活動を希望する学生に対して、ボランティア支援課が相談に応じて支援します。
  5. 海外を含む各種インターンシップを希望する学生に対しては、キャリアセンターが相談に応じ支援します。
  6. 地域貢献活動を希望する学生に対しては、社会貢献・地域連携センターの地域共創推進室が相談に応じ支援するとともに、全学科で地域貢献に関連する学修を支援します。また、学生自主活動「地域活性化プロジェクト」により、大学のさまざまな支援を受けることができます。
その他
学習を円滑に継続できるように心身の健康について手厚く支援します。健康向上および不調の早期発見に努めるとともに、心身の健康については保健室・予防福祉クリニック・せんだんホスピタル、心身およびそれに伴う学生生活上の問題についてはウェルネス支援室、学生生活を送る上での修学上の問題や心の健康などについては学生相談室が支援します。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位の授与に関する方針)

本学の教育理念は、「行学一如」の建学精神のもと「自利・利他円満」を基本としています。座学だけではなく、実践しながら、理解を深めていくことを建学の精神とし、また自己の考えをしっかり形成し人に伝えると共に、人の意見もよく聞きながらお互いの理解を深めていくことにより、自分だけでなく周りの人、地域の人など、さまざまな人々の幸せに貢献できる人材の育成を目標としています。
私たちを取り巻く社会は、以前にも増して、先行きが不透明になり、さまざまな不確実性が増加しています。少子高齢化の到来、雇用問題、グローバル化の進展等がこうした例にあたります。
本学科では、卒業後、企業や地域社会において、上の本学の基本理念を基本として、さまざまなリスクに直面した際に、物事の本質や重要性を認識し、自分なりの意志決定と行動を行うことができリーダーシップを発揮できる人材の育成をめざしています。

学生が身に付けるべき資質・能力の目標

学士課程教育のなかで、社会科学におけるさまざまな分野の知識、考え方を身に付けるとともに、「自己責任能力」、「社会性」、「思考力(論理的、創造的、批判的)」を養い、学士としての「質保証」の要請に応えます。
  1. 豊かな人格形成の基本と専門領域へつながる基礎的学力を養うことができる
  2. 専門領域を超えての問題探究の姿勢を身に付けることができる。例えば、経済・経営理論の基本を理解し、異分野との比較・分析・考察ができる。
  3. 学際的な議論ができる。
  4. 多様な課題を解決しうる判断力を身に付けることができる。
  5. リーダーシップを発揮することができる。例えば、社会奉仕体験活動やフィールドワークなどの経験を通して、他者と協調・協働して行動できる。また、他者に方向性を示すことができる。
  6. 企業経営資源に関する専門的知識・技術を身に付けることができる。
  7. 倫理観を養い協調性を身に付けることができる。例えば、インターンシップなどの経験を通して、自己の良心と社会の規範やルールにしたがって行動できる。

学位授与の要件

本学科の教育目標を理解し、124単位の単位取得とその要件ならびに求められる GPA(*1)を満たした上で、課程修了にあたっての修得すべき学修成果を上記の資質・能力について実践を通して理解を深めた人物に学位授与方針に基づき学位を授与します。

(*1)GPA:Grade Point Average の略。授業科目ごとの成績について、例えば5段階(秀・優・良・可・不可)で評価した上で、それぞれに対して4・3・2・1・0のようにグレード・ポイント(GP)を付与し、その平均を算出して評価を行います。

この記事に関するお問い合わせ

企画部
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3329
FAX:022-233-3113
E-Mail:kikaku@tfu-mail.tfu.ac.jp
教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp