保健看護学科の教育方針

学科長メッセージ

主体性や能力の向上を図る教育プログラム。

保健看護学科 学科長 柏木 誠
保健看護学科 学科長 柏木 誠
保健と医療、福祉を融合させた考え方を身に付けること、これが保健看護学科で学ぶ最大の特徴です。これまで医療は、専門分野、領域、役割の垣根が高く、縦割り行政のようであると言われてきましたが、超高齢社会においては医療と福祉の連携が重要な課題になっています。

本学科では、保健と医療、福祉を融合させた新しい看護の方向を見極め、個々の学生の主体性や能力向上をめざした教育プログラムを用意しています。

充実した学びを通して真のやさしさと豊かな感受性を備え、看護の理論と実践を多面的に把握し、現場において真に適切な対応のできる看護師や保健師として羽ばたいてくれることを心から願っています。

保健看護学科紹介ページ

教育研究上の目的

すべての人を対象として、ヒューマンケアの思想を、保健・看護の現場で実践できる能力を有する人材の育成を目的としています。

教育目標

保健看護学科は、2006年に実践力の高い看護職者を養成することを目指して設置されました。建学の精神である「行学一如」と教育の理念である「自利・利他円満」を受け、保健・医療・福祉の場で理論と実践を融合させ、看護職者として豊かな教養をそなえ、自ら人間性を磨くことができ、人間の健康と福祉の向上に、より実践的に貢献できる人材を養成することを目的としています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

求める学生像

保健看護学科は、豊かな人間性と倫理観をそなえるとともに科学的な思考力と理論と実践を融合させる能力をそなえ、より実践に強い看護師と保健師を育成するために、次のような学生を求めます。

  • やる気があり元気な人(やる気)。
  • 目標に向かって努力できる人(努力)。
  • 人の悲しみやよろこびを感じられる人(感受性)。
  • 人に対する関心や思いやりをもつことのできる人(思いやり)。
  • 誰にでも気持ちよく挨拶できる人(挨拶)。
  • 高校までに学んだ基本的な知識を有効に活用できる人(基礎学力)。

入学前に培うことを求める力

看護を行う上で必要な知識は、多様な対象者に対応するために、限られた範囲にとどまることはなく、幅広い知識が必要です。まず、すべての学問のもととなる国語をしっかり学んでおきましょう。当たり前と思うかもしれませんが、基本的な漢字を正しく読むことができ、文章を読んで意味を理解する、文章を書くことができることが、とても大切です。さらに、看護学の初学者には、基礎的な理科の知識が必要です。高等学校ではぜひ生物、化学、物理を学んでおきましょう。特に、人体の構造と働きについて興味をもって学んでおくことは重要です。

評価方法

  • 知識・技能については、入試選考方法や提出書類の活動報告書・調査書・推薦書・学力検査・レポート・プレゼンテーション・業績書・小論文・科目試験により評価します。
  • 思考力・判断力・表現力などの能力については、入試選考方法や提出書類の出願確認票・志望理由書・学力検査・体験実習・レポート・ディスカッション・業績書・面接・小論文・科目試験により評価します。
  • 主体性をもって多様な人びとと協働して学ぶ態度については、入試選考方法や提出書類の出願確認票・志望理由書・活動報告書・調査書・体験実習・レポート・ディスカッション・プレゼンテーション・面接により評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学科のカリキュラムは、看護の理論と実践の融合ができる人材の育成を目指し、看護職者に求められる実践能力を育成する科目に加え、本学の強みである福祉分野、ボランティアについての科目を多く取り入れています。また、曹洞宗門大学として「禅」を通して、豊かな感性を磨くとともに自らを律する心を育成するように構成しています。

教育課程編成

  • 本学のカリキュラムは、総合基礎教育科目と専門教育科目に大別されており、看護について系統的・段階的に学習していきます。また、看護を行う際は、想像力と創造力が必要です。講義の中で基礎的な知識を学び、演習や臨地実習では、科学的・論理的な思考と相手を思いやる想像力と心遣い、創造的で確かな技術を学んでいきます。
  • 総合基礎教育科目においては、建学の精神を基調として、総合的・多角的な見方を身に付けるとともに専門の基礎を学ぶことを目的にしています。特に本学科では、「教養の基礎知」における英語科目を他学科より多く必修化しており、さらに、海外研修プログラムも準備しています。このことにより、国際的な感性を磨くための基礎をつくり、グローバル社会の医療・保健・福祉サービスが提供できる人材育成に結びついています。さらに、ボランティア活動に関する科目を多く設定しており、実際の活動を通して社会貢献の基礎的な能力を養うことができます。
  • 専門教育科目は、専門基礎科目と専門基幹科目で構成しています。専門基礎科目は、基礎医学系、臨床医学系、保健学系、福祉学系に系統立てており、看護を学ぶ上での基礎的な知識体系を学修します。特に、福祉学系は、本学における福祉専門科目が充実しており、「医療・保健・福祉の連携」を前提とした看護職者を目指すための科目群となっています。専門基幹科目は、リエゾン系、基礎看護学、生涯看護学、広域看護学、在宅看護学、展開看護学に分けており、看護実践能力の基本を学ぶことを目的としています。本学科の特徴として、リエゾン系にはリエゾンゼミⅠ(初年次教育)に続くリエゾンゼミⅡが必修科目であり、科学的思考・問題解決思考・論理的思考・倫理観の強化を図っています。基礎看護学、生涯看護学、在宅看護学は、看護学の基盤を学ぶ科目です。
  • 広域看護学は、1年後期から専門的講義が始まり、選抜試験をうけ保健師課程に進み、公衆衛生看護学・保健福祉行政等を学びます。これにより、保健医療福祉分野において専門職として活躍・多職種と協働できる能力を養うことができます。
  • 関連科目は、学生の学修意欲に合わせ、福祉に関するより専門的な科目や災害福祉・減災に関する科目を多数準備しています。

学修方法・学習過程

講義、演習、臨地実習などがあり、基本から応用へ、学内から臨地へ、単純事象から複雑事象へ、講義形式授業からグループ学習・自己学習へとレベルアップする構造となっています。

講義は、1年次は教養科目と、看護概論や人体の構造と機能など、看護を学ぶ上で基盤となる科目について学びます。2年次・3年次は看護の専門領域の概論と援助論について学びます。

演習は、看護技術や対象への指導方法などについて、基本的なことから専門的、複雑なことにレベルを上げて学習していきます。

臨地実習は、1年次では臨地実習の基本となる態度・技術と看護師の役割・機能について、2年次では看護の専門的な思考過程について、3年次では看護の領域別に専門的な援助方法について、4年次では学んできたこと看護の知識・技術・態度を統合する実習を行います。臨地実習は、基本的に少人数のグループで行い、グループごとに教員が一人担当し、その学生の学習進度に合わせた学びを行うことができます。

学習成果の評価の在り方

科目ごとに、出席状況、授業態度、レポート課題、筆記試験などを踏まえ、総合的に評価します。特に、演習科目や臨地実習ではルーブリック評価を行っています。学生自身が、何をどこまで学ぶことができたのか一目瞭然となります。また、リエゾンゼミⅠから始まる学修ポートフォリオは、4年次まで継続され、4年間で学士力をどこまで身に着けたのか、学生自身が自覚できるように工夫しています。

学生支援

リエゾンゼミⅠ(1年次)やリエゾンゼミⅡ(2年次)、統合演習Ⅰ(3年次)、統合演習Ⅱ(4年次)において、担当教員が学年次ごとに考えられる問題について丁寧に面接指導をしています。さらに学習支援や健康相談が必要な場合には適切な担当者にご紹介しています。

低学年次より、国家試験対策が行われており、模擬試験、領域ごとの担当教員により国試対策講義も行い、不安なく受験できるようにサポートしています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

保健看護学科では、社会人としての一般教養と汎用的スキルを学修しながら、看護の専門的知識・技術・態度を修得していきます。卒業時の到達目標は以下のとおりです。

学生が身に付けるべき資質・能力の目標

  • 人間理解に基づき、人の悲しみやよろこび、痛みを感じとり、対象の気持ちに寄り添う態度が身に付いている(人間理解)
  • 対象の生命の尊厳と権利を理解し、それらを尊重する態度が身に付いている(生命の尊厳)
  • コミュニケーション技術を使って、人間関係を円滑に保つことができる(コミュニケーション技術)
  • 対象の健康問題を解決するための科学的・論理的な思考力と基本的な知識・技術をもち、根拠に基づいた基本的な看護を実践することができる(科学的・論理的思考)
  • 看護職の専門性を認識しながら、連携チームの中で役割を果たそうとする態度が身に付いている(協働)
  • 対象の環境、立場及び価値観の理解に基づき、多文化の中にある多様な対象に働きかけることができる(多様性)
  • 社会や状況の変化に伴って生じる健康問題に対応し、対象に必要な看護を創造することができる(創造性)
  • 看護職者としての倫理観を持ち、誠実に看護を実践する態度が身に付いている(倫理観)
  • 自分の能力を見出し、自分の力を信じ、目標に向かって努力する態度が身に付いている(努力する態度)

学位授与の要件

本学科所定の125単位以上を修得し、求められるGPAを満たし、上記に示す能力を有する学生に学位を授与します。
保健看護学科の3つのポリシー図解
保健看護学科の3つのポリシー

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
大学について
リハビリテーション学科の教育方針
保健看護学科の教育方針
医療経営管理学科の教育方針
健康科学部
大学院 教育学研究科 教育学専攻の教育方針
大学院教育学研究科の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 社会福祉学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 福祉心理学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科の教育方針
全学科共通教育(初年時、総合基礎、特色ある教育、キャリア)及び多様な学生の支援
教育学科の教育方針
教育学部
東北福祉大学の教育方針
情報福祉マネジメント学科の教育方針
産業福祉マネジメント学科の教育方針
総合マネジメント学部
社会福祉学科の教育方針
福祉心理学科の教育方針
福祉行政学科の教育方針
総合福祉学部