リハビリテーション学科の教育方針

学科長メッセージ

痛みや苦しみの理解に努め、優しさをもって学ぶことが大切。

リハビリテーション学科 学科長 樋渡 正夫
リハビリテーション学科 学科長 樋渡 正夫
リハビリテーションというのは、薬を使って治すという領域の療法ではありません。体の元々の機能、働きを、自分の力で治そうとする力を最大限に引き出すものであり、作業療法士と理学療法士は患者さんの、その自ら治そうとする力、回復訓練をサポートする役割を担います。

作業療法士、理学療法士の国家試験受験資格のために、リハビリテーション学科では4年をかけて細かなところまで基礎知識を学び、臨床実習で経験を積んでいきます。

病気やけがでリハビリテーションを必要としている人と向き合うためには、その苦しみや痛みの理解に努めることが重要です。患者さん一人ひとりの状況を理解し、回復のために一緒に頑張っていこうとする優しさをもって学んでほしいと思います。

リハビリテーション学科紹介ページ

教育研究上の目的

専門職となる医療現場に加え、「保健・福祉現場における地域リハビリテーション」を視野に入れた、健康増進・障害予防に関わるヘルスケアなど「理論と実践の融合」による調和のとれた人材の育成を目的にしています。

教育目標

リハビリテーション学科は、作業療法学専攻と理学療法学専攻の2専攻で構成され、対象者の自立と社会参加を促し、より豊かな生活を創造することに寄与し、人類の幸福に貢献できる人材の育成を目標としています。
本学の建学の精神『行学一如』を前提に、高度な専門知識と技術を習得すると同時に、生命の尊厳と生活の質を重視した高い倫理観と感性及び調和のとれた人間関係を築く能力を培い、全人間的復権を目指し、保健・医療・福祉・教育・行政等において包括的なリハビリテーションを実践できる作業療法士ならびに理学療法士を育成することです。
そのために4年間の教育課程の中で、教育目標として、創造性、主体性、人間性、専門性、協調性、社会性を掲げ、広い視野に立ったヒューマンケアが実践できる事を目指しています。ヒューマニティやノーマライゼーションの思想は、人間を全人的に捉え・支えるための基本的な理念であり、そのことが「生命の尊重」「人としての尊厳」の基盤となります。21世紀のリハビリテーションにおける専門職は、個人的な専門性の追求のみでなく、対象者を「人として尊重する」視点がより重要であり、関連する人びとや組織との連携を持ちながら、その人らしい生活を構築できるように支援できる資質が求められ、以下の目標を掲げ教育を行っています。

1.創造性… 未来の課題に対して、既成概念にとらわれることなく、主体的かつ創造的に探求することのできる力を養う。
2.専門性… 社会の信頼と養成に応えられる専門的知識と技術を習得し、保健・医療・福祉における諸問題に対して実践的に対応できる能力を養う。
3.主体性… 自らが自らの知識・技術・態度を評価し、絶えず向上しようとする自己研鑽力を養う。
4.協調性… 広い視野を持ち、保健医療福祉システムの中で、他の専門職者と連携・協働しつつ、自分の役割と責任を担う能力を養う。
5.人間性… 人間の存在する意味を理解し、個人の尊厳と基本的人権の尊重に基づき活動できる人間性と倫理性を養う。
6.社会性… 実践教育の重要性を踏まえ、ボランティア実習から始まり、評価実習、実践(総合)実習で実践力を習得し、自らの役割と責任を担う能力を養う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

求める学生像

保健・医療・福祉の専門職を養成することから、次の点で意欲的な学生の入学を期待しています。

  • 人間の存在する意味を理解し、個人の尊厳と基本的人権の尊重に基づく活動できる人間性と倫理性のもと、社会の信頼と要請に応えられる専門的知識と技術を修得し、保健・医療・福祉における諸問題に対して実践的に対応できる能力向上のため作業療法学あるいは理学療法学の知識や技術をいかしたいと思う人。
  • 広い視野をもち、保健医療福祉システムのなかで、他の専門職者と連携・協働しつつ、自分の役割と責任を担う人間関係を構築できる人。
  • 未来の課題に対して、既成概念にとらわれることなく、専門職として高度な知識と技術を修得するため、科学的探究心、協調性、使命感をもち、主体的かつ創造的に探求することができる人。
  • 自らの知識・技術・態度を評価し、絶えず向上しようとする自己研鑽ができる人。

作業療法学専攻

人の生活を支援することから傾聴や自ら語りかける姿勢や親しみやすい人柄などの人間性と、高い責任感、使命感、科学的思考や探究心をもった学生を求めています。入学後、医学的知識基盤を持つ必要性から生物などの理系科目をしっかりと学ぶ姿勢のある学生の入学を期待します。
  • 単に心身機能の改善を目指すのみでなく、その人らしい生活や生き方を尊重できる人柄で、作業療法の対象となる方々が身体障害のある方のみならず認知症や精神障害のある方との関わりを持つことから、人と関わることの好きで、素直で明るく人の気持ちや思いを大切に出来るような人柄を備えている。さらに、作業療法士としての目的意識と情熱を持ち、社会的に信頼される専門職としての技術を習得し、医療・保健・福祉に対する意欲や関心が高く、社会に貢献しようとする意識の高さがある。
  • 広い視野を持ち、保健医療福祉システムの中で、リハビリテーションチームの一員として、他の専門職種と協調性をもって連携・協働しつつ、自己中心的にならず、自分の考えや行動に責任を持ち、適切な人間関係を構築できる。
  • 作業療法士を目指す者として、様々な未来の課題に対して、規制概念にとらわれることなく、専門職として自らの問題意識を掘り下げて追究するための深い洞察力を持ち、高度な知識と技術を修得するため、科学的探究心や基礎学力をもっている。知識を詰め込むだけではなく、主体的に実践から学ぶことも含めて、包括的に創造することができる。
  • 適切な自己評価が出来、生涯にわたって自己啓発・自己研鑽・(自己の健康増進)を継続する意欲がある。

理学療法学専攻

理学療法学専攻では、本学「建学の精神」を理解し、理学療法の基盤となる専門科目に強い関心と探究心を持ち、理学療法士になりたいと強く希望する意欲的な学生の入学を期待し次のような学生を求めます。

  • ひと、生命に対する倫理観を持ち、理学療法の対象となる方々に対し共感的な態度で、敬意と慈しみの気持ちを持ち、障がいを持つ方たちの回復、支援をしたいと思う気持ちがある人。
  • 健康を意識し、人体の構造・機能に興味を持ち、心身機能、生活の活動を高め、障がいや病気の予防の大切さを理解し、対象者の方々が抱える様々な問題や課題に対応できる知識や技術を身に付けるために十分な基礎的学力を有し、理学療法の専門的知識や技術を修得し実践的に生かし社会貢献したいと思う人。
  • 質の高い医療の提供や安全性向上のために、福祉・医療・保健の領域でリハビリテーションチームの一員として、協調性、柔軟性を有し、誰とでも良好な人間関係を保ち、責任ある行動をとることができる人。
  • 質の高い医療の提供や安全性向上のために、身体の機能や病気・障がいについて、不思議に思うことやもっと知りたいという気持ち、人のためになるようにという使命感をもち、主体的に行動し、深い探求心と観察力、洞察力を備え、障がい予防から治療、生活機能、社会参加等総合的なリハビリテーションの領域の課題を創造していくことができる人。
  • 自分自身について評価し、生涯にわたりたえず向上しようと自己研鑽ができる人。

入学前に培うことを求める力

1.人間性
多種多様な対象者の方とかかわり支援を行うリハビリテーション専門職として、誠実さ、優しさ、素直さなど豊かな人間性を身に付けている。
2.基礎学力
高等学校まででの履修内容を身に付けていること。特に専門基礎科目・専門基幹科目の理解には、基礎的な理系科目の知識が必要であり、生物、化学、物理について履修している。また、あわせて自分の考えを文章化する力、文章の読解力を有している。
3.社会性
チーム医療を担う職種であり、良好な人間関係を築くためコミュニケーション力をもち、責任感をもつ。立場の違い、考えの違いについて理解できる柔軟な考え方ができる。
4.主体性・積極性・探究心
自ら課題に対し解決する方法を探し、解決する努力を惜しまない。
5.論理的思考
さまざまな情報を整理し、その関連性をもとに自分の考えをまとめ、表現できる。

評価方法

  • 知識・技能については、入試選考方法や提出書類の活動報告書・調査書・推薦書・学力検査・レポート・プレゼンテーション・業績書・小論文・科目試験により評価します。
  • 思考力・判断力・表現力などの能力については、入試選考方法や提出書類の出願確認票・志望理由書・学力検査・レポート・ディスカッション・業績書・面接・小論文・科目試験により評価します。
  • 主体性をもって多様な人びとと協働して学ぶ態度については、入試選考方法や提出書類の出願確認票・志望理由書・活動報告書・調査書・レポート・ディスカッション・プレゼンテーション・面接により評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育課程編成

本学科のカリキュラムは、総合基礎科目、専門基礎科目、専門基幹科目に大別されており、リハビリテーション専門職として必要な知識・技術に関し、講義、演習、実習ならびに臨床実習を各学年に配置した教育過程を編成しています。

  • 作業療法学ならびに理学療法学の知識ならびに技術を習得するため専門教育と臨床教育を1年次より配置しています。
  • 豊かな教養やコミュニケーション力を育成するため1年次2年次を中心に「リエゾンゼミ」ならびに「総合基礎科目」を配置しています。
  • 医療専門職として必要な医学的な基礎知識の習得のため、1年次2年次を中心に専門基礎科目にある「人体の構造と機能」「疾患と障害学」「保健医療福祉とリハビリテーションの理念」、また専攻毎に「基礎作業療法学」「基礎理学療法学」を配置しています。
  • 科学的な根拠に基づいた評価や治療プログラムを構築し、臨床実習において活用・応用ができるように専攻毎に専門基幹科目にある「評価学」「治療学」を2年次・3年次に配置しています。
  • 地域での活動の理解のため、専門基幹科目にある「地域作業療法学」「地域理学療法学」を3年次に配置しています。
  • 年次毎で学んだ知識・技術の統合を目的に「臨床実習」を各学年に配置しています。
  • 専門職として生涯学習の礎となる創造的思考力や自己研鑚力を身に付けるため、3年次4年次に「研究法」や「卒業研究」を配置しています。

学修方法・学修過程

作業療法学専攻

1.作業療法の技術・知識修得のため、初年時の人間教育に始まり、学内での専門教育、実践の現場での臨床教育、さらには科学的探究心を深める卒業研究や国家試験対策へと年次進行での積み上げ型のカリキュラムで構成しています
①積み上げ教育の中ではコミュニケーション力や豊かな教養を身に付け(人間教育)、医学や作業療法の知識・技術などを修得(医療職としての知識と専門教育)し、学内で学んだことを作業療法の実践の場で体験(実践力、協働)しながら、Pre臨床家として資質(知識と実践の統合)を得る機会を設けています。
②作業療法の専門科目では、障がい特性別に総論から各論に授業が組まれ、各論では作業療法評価及び作業療法学の介入に関して講義と演習を交えながら学びを深化できるように科目を配置しています。

2.専門家教育としての臨床教育を重視した臨床実習を実践します。
1年次でのEarly Clinical Exposure(早期臨床体験実習)としてのボランティア実習に始まり、2年次には作業療法を体験する実習(評価実習Ⅰ)、3年次に評価を経験する実習(評価実習Ⅱ)、評価と介入を体験する実習(実践実習Ⅰ)、4年次に対象者の生活を考えた作業療法を実践する実習(実践実習Ⅱ)と学生が修得すべき内容に応じて段階的に実習を配置しています。

3.人間力・学士力を育成するために4年間を通してリエゾンゼミを実施します。
①作業療法士として必要とされる知識・技術以外に、コミュニケーションスキルを含む臨床家としての適切な態度が身に着くように、対象者の思いをくみ取れるような人間性、他者と協力できるような協調性、自ら行動し責任を果たすような主体性について4年間を通し学修する機会を設定します。
②バランスのとれた人間教育から、高度な専門知識と技術教育、探求心と行動力を培う実践教育へとつながるよう、また、学年が進むにつれ、より臨床実習を想定した課題を設定します。 

4.知識と実践の統合機会を多く設定します。
①学内教育では、講義等により得られた知識を、PBLを活用したループワークの中で、学生同士が討議し、臨床で使える知識に統合する機会を設けています。
②学内教育の講義や演習で得た知識と技術は、各学年で実施される臨床実習と実習後のセミナーで実践し統合する機会を設けています。

5.医療専門職としてのみならず、地域で活躍できる人材となるような教育を提供する。(人間性、社会性)
①地域作業療法学の講義や演習で知識や技術を得、4年次では地域生活と住環境や作業療法支援実践などの選択科目により地域での支援を考え体験する機会を設けています。
②リエゾンゼミ、臨床実習、臨床実習に関連して実施されるその他のゼミ活動を通し、社会人としての社会性を学ぶ機会を設けています。

6.専門職として常に疑問を持ち、その疑問を解決するための方法を知ることや、自己研鑽をするための基礎を学ぶ  
①疑問に持ったことを解決するための1つの手段として、卒業研究として取り組む機会を設定する。ここでは、専門職として必要な創造的思考や理論的思考を学修する機会を設けています。
②専門職は常に新しい知識や技術を得るために、情報収集が必要とされるためその取り組み方を作業療法研究法で学修する機会を設けています。

理学療法学専攻

リハビリテーションの専門職として、保健・医療・福祉分野で活躍できる人財育成を目的に、質の高い知識・技術習得、学士力向上のため段階的に進めるよう、学修の系統性や順次性など配慮し、上級学年へつなげるようカリキュラムを編成しています。

1.「基礎学力」、「専門的な知識」を持ち、自らそれを継続的に高めていく力。また、それらの上に応用力として構築される「論理的思考力」、「創造力」などの知的能力的要素を有し、科学的な根拠に基づいた評価や治療プログラムを構築し、臨床実習において活用・応用ができるように、専門基礎科目、専門基幹科目を階層構造化しカリキュラムを配置しています。

2.初年次教育として、身体機能の専門職としての知識と技術の修得と、豊かな人間性と教養を持ち、医療チームの中での自分の役割と責任を遂行できることを目的としコミュニケーション能力向上や学士力育成のための「リエゾンゼミ」、「人体の構造と機能」を中心とした専門基礎科目を配置しています。

3.2年次から4年次にかけては、初年次での基礎知識の理解・経験を基に、病態や障害像を理解し把握するため「疾患と障害学」、「理学療法評価学」ならびに「理学療法治療学」等の専門基幹科目を学修します。また、地域における活動理解のため「地域理学療法学」や臨床での問題・課題解決の過程について演習を通して学修します。

4.高度で専門的な知識・技術の修得を段階的に進めるよう、学年ごとの学びの到達レベルに合わせた「臨床実習」を配置しています。
①1年次は、専門知識の臨床場面での実際を見聞することで、自らが選んだ理学療法士という専門職としての自覚、内的動機付けを意図して見学実習を配置しています。
②2年次には、病態や障害像の理解を中心とした学内教育をもとに、実践的な情報収集活動、面接や行動観察、各種検査等の実際を体験し、病態や障害像について分析、統合・解釈の仕方を学ぶ評価実習を配置しています。
③3年次には、評価実習の実践をもとに、得られた情報を分析、統合・解釈し、問題点を抽出し、治療目標を設定、治療プログラムの立案に至る臨床推論過程を経験する機会として「実践実習Ⅰ」を配置しています。
④最終学年の4年次では、前回の実習をさらに発展させ自らが実施した理学療法評価に基づく理学療法治療プログラムの実施を経験し、推論過程の妥当性の吟味、プログラムの修正等を経験し医療従事者としての資質を高めるとともに、専門職として知識と技術を統合する目的で「実践実習Ⅱ」を配置しています。

5.理学療法における研究を積極的に推進し、理学療法士として生涯学習の礎となる創造的思考力や自己研鑚力を身に付けるため、3年次4年次に「専門演習」、「理学療法研究法」および「卒業研究」を配置しています。

学修成果の評価方法のあり方

科目毎の達成目標に応じ、実技試験、記述式試験、レポート等により総合的に評価します。臨床実習は、履修要件ならびに実習課題遂行状況について評定基準を基に実施します。

学修支援

担当教員による学年開始時期(4~5月)、中間(9~10月)に個別面接を実施し、また必要に応じ面接を実施し学修状況や心身面の状況の把握を行います。学修支援が必要な学生に対しては、個別もしくはグループ学修にて担当教員が支援を実施しています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

社会人としての一般教養、人間性や倫理性を身に付け、また保健・医療・福祉におけるヘルスケアを担う専門職としての知識と技術を身に付け、卒業後に専門職として活躍できる実践力と自己研鑽するための研究能力を磨き、広く社会に貢献できる人財になることを求めています。

学生が身に付けるべき資質・能力

1.人間性
対象者ならびにその関係者に対し、個人の尊厳と基本的人権の尊重に基づき、配慮し活動できる人間性と倫理感をもつことができる。
2.専門性
基礎的知識:基本的な医学的知識を用い、人体の構造・機能について説明できる。
専門的知識:一般臨床医学の知識を用いて、心身機能に関わる病因・疾病・障害について説明ができる。
応用的知識:基礎的・専門的知識を用いて、対象者の問題点、その原因を統合・解釈し必要な治療プログラムを立案する。
実践能力:それぞれの臨床実習ないで、評価、治療プログラムの立案、治療プログラムの実施を指導者のもとで実践することができる。
3.社会性
専門職として求められる役割とその責任を自覚することができる。
4.協調性
コミュニケーション力:様々な問題を抱える対象者ならび関係者の話を傾聴する。また、チーム医療をなす構成員の専門性を理解し、その意見を尊重しコミュニケーションを取ることができる。
チーム医療:チーム医療の一員であり、他の専門職者と連携・協働しつつ、対象者の持つ医学的、社会的問題対する情報を共有し、目標を達成するため自分の役割と責任を担い行動できる。
5.創造性
既成概念にとらわれることなく、主体的かつ創造的に探求することのできる力として、論理的思考力、問題解決能力を身に付ける。
論理的思考力:心身機能に関する基礎・専門知識とともに、社会的側面をも捉え包括的に対象者の問題を分析することができる。
問題解決能力:対象者の問題を分析、解釈をすすめ、医学的・社会的アプローチを立案し、実践することができる。
6.主体性
自らの知識・技術・態度を評価し、絶えず自己研鑽をすることができる。

作業療法学専攻

1.人間性
作業療法の対象者やその家族の生活におけるニーズや幸福を最優先に考え、対象者やその家族および関係者と良好な人間関係を築くことができる。
2.専門性
基本的な医学的知識や一般臨床医学、および作業療法実践に必要な専門知識を用いて、対象者の望む生活を支援するために、生活機能の維持、改善を図るための作業療法を実践できる。
3.社会性
社会人としての常識を踏まえ、法令遵守の下、作業療法士としての役割を認識し、保健・医療・福祉の向上に寄与できる。
4.協調性
対象者のニーズや幸福を追求するために、対象者や関係者と十分な連携とコミュニケーションをとることができる。
5.創造性
対象者個々の生活におけるニーズや幸福を追求するために、包括的な視点で課題を分析し、対象者の多様な可能性を柔軟に思考できる。
6.主体性
作業療法士として、社会人として、常に自身の資質を向上するために、自己研鑽することができる。

理学療法学専攻

1.人間性
対象者ならびにその関係者に対し、個人の尊厳と基本的人権の尊重に基づき配慮し活動できる豊かな人間性と倫理感をもつことができる。
2.専門性
基礎的知識:基本的な医学知識を用い、理学療法士として必要な人体の構造・機能等専門基礎知識について説明することができる。
専門的知識:一般臨床医学の知識を用いて、心身機能に関わる病因・疾病・障害について説明することができる。
応用的知識:理学療法士として必要な基礎的・専門的知識を用いて、対象者の問題点、その原因を根拠に基づく論理的思考をもって統合・解釈し必要な治療プログラムを立案することができる。
実践能力:理学療法士として必要な客観的・論理的思考能力を養うために、それぞれの臨床実習で、評価、治療プログラムの立案、治療プログラムの実施を指導者のもと実践することができる。
3.社会性
社会の要望に応え、理学療法士として求められる役割とその責任を自覚し、保健・医療・福祉の向上を通じて地域社会に貢献することができる。
4.協調性
コミュニケーション能力:様々な問題を抱える対象者ならび関係者の話を傾聴する。また、チーム医療をなす構成員の専門性を理解し、その意見を尊重しコミュニケーションをとることができる。
チーム医療:チーム医療の重要性を理解し、理学療法士として他の専門職者と連携・協働しつつ、対象者の持つ医学的、社会的問題に対する情報を共有し、目標を達成するため専門職としての役割と責任を担い行動できる。
5.創造性
既成概念にとらわれることなく、主体的かつ創造的に探求することのできる力として、理学療法学の科学性と創造性を発揮して人や社会の健康的な生活に貢献する論理的思考力、問題解決能力を身に付ける。
論理的思考力:心身機能に関する基礎・専門知識とともに、社会的側面をも捉え包括的に対象者の問題を分析することができる。
問題解決能力:対象者の問題を分析、解釈をすすめ、医学的・社会的アプローチを立案し、実践することができる。
6.主体性
自らの知識・技術・態度を評価し、自律的に行動し絶えず自己研鑽をすることができる。

学位授与の要件

リハビリテーション学科の教育目標を理解し、各専攻が定める所定の124単位以上を取得し、求められるGPA(Grade Point Average)1.5以上を満たした学生に学位を授与します。
リハビリテーション学科の3つのポリシーイメージ図

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
大学について
リハビリテーション学科の教育方針
保健看護学科の教育方針
医療経営管理学科の教育方針
健康科学部
大学院 教育学研究科 教育学専攻の教育方針
大学院教育学研究科の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 社会福祉学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 福祉心理学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科の教育方針
全学科共通教育(初年時、総合基礎、特色ある教育、キャリア)及び多様な学生の支援
教育学科の教育方針
教育学部
東北福祉大学の教育方針
情報福祉マネジメント学科の教育方針
産業福祉マネジメント学科の教育方針
総合マネジメント学部
社会福祉学科の教育方針
福祉心理学科の教育方針
福祉行政学科の教育方針
総合福祉学部