リハビリテーション学科の教育方針

学科長メッセージ

専門職としての実践力と豊かな人間性を育む

リハビリテーション学科 学科長 齋木 しゅう子
リハビリテーション学科 学科長 齋木 しゅう子
作業療法士・理学療法士は、対象者の方が良くなろう、回復しようとする心身に働きかけ、その可能性を最大限に引き出し、QOL(Quality of Life)向上を支援する役割を担います。発症直後の急性期は当然のこと、回復期、生活期、病院から在宅まで幅広い活躍の場をもち、予防的支援や健康増進にもかかわります。

大学4年間で医学的な知識や作業療法・理学療法の専門知識を学び、臨床実習を経験し、卒業後も専門職として知識・技術の研鑽を重ねていきます。

リハビリテーションを必要とされる方は、さまざまな問題や課題をもたれています。一人ひとりの状況を理解し、その人らしい生活や生き方を尊重し一緒に頑張っていこうとする優しさを育み、学んでください。

リハビリテーション学科紹介ページ

教育研究上の目的

当学科では、医療現場に加え、「保健・福祉現場における地域リハビリテーション」を視野に入れた、健康増進・障がい予防に関わるヘルスケアなど「理論と実践の融合」による調和のとれた人材を養成します。そのため、入学者の受け入れ、教育課程の編成・実施、および学位授与について、以下のように方針を定めています。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

<リハビリテーション学科>
入学考査の結果、以下の要件を満たしていると判断された方を受け入れます。
①意欲・適性:主体的かつ創造的に探究し、絶えず向上しようと自己研鑽ができる人。
②知識・技能:大学での学びに必要な解決能力、対応能力、実践能力の向上のため、高等学校で学ぶ科目で高い基礎学力を有している人。
③態度・志向性:個人の尊厳や基本的人権を尊重し、他の専門職と連携・協働しつつ、自己の役割を担いながら人間関係を構築できる人。

[作業療法学専攻]
①意欲・適性:作業療法士になりたい思いが強く学ぶ意識と責任ある行動を意識して実践できる人。
②知識・技能:高等学校で学ぶ教科について広く学び、高い基礎学力を有している人。
③態度・志向性:親しみやすい人柄などの人間性と高い責任感、使命感、科学的思考や探究心を有している人。
卒業後の進路・将来像:保健・医療・福祉・教育・行政等の領域において包括的なリハビリテーションを実践できる作業療法士を目指している。

[理学療法学専攻]
①意欲・適性:理学療法士になりたい思いが強く学ぶ意識と責任ある行動ができる人。
②知識・技能:高等学校で学ぶ教科について広く学び、高い基礎学力を有している人。
③態度・志向性:親しみやすい人柄などの人間性と、強い責任感や使命感、高い科学的思考や探究心を持っている人。
卒業後の進路・将来像:保健・医療・福祉・教育・行政等の領域において包括的なリハビリテーションを実践できる理学療法士を目指している。

入試方法
原則として、入学者の選抜は書類審査、学力検査、小論文、レポート、ディスカッション、面接等により①②③を多面的・総合的に評価します。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

<リハビリテーション学科>
①入学前教育:当学科での授業の理解を深める上で必要となる、理科系の科目について学びます。
②初年次教育:豊かな教養とコミュニケーション能力を養成するとともに、Early Clinical Exposure(早期臨床体験実習)を通し作業療法士、理学療法士への意識を高めます。
③基盤教育:全学共通のカリキュラムに則り、社会人として必要とされる基礎的な思考力や実践能力を学びます。
④専門教育:基礎医学及び臨床医学の基礎知識を学ぶ専門基礎科目。専門領域の基本的な理論と技術を学ぶ専門基幹科目。学内で学んだ知識・技術を統合する臨床実習。各科目は、年次進行の積み上げ型カリキュラムにより学びを深めていきます。

[作業療法学専攻]
①入学前教育:授業の理解を深める上で必要となる、理科系の科目について学びます。
②初年次教育:豊かな教養やコミュニケーション能力を養成する人間教育とともに Early Clinical Exposure(早期臨床体験実習)を通し作業療法を理解します。
③基盤教育:全学共通のカリキュラムに則り、社会人として必要とされる基礎的な思考力や実践能力を学びます。
④専門教育:医学的な基礎知識の修得のため、1年次2年次を中心に専門基礎科目を学び、作業療法の基本的理論や技術及び臨床適用を専門基礎基幹科目で学びます。さらに臨床実習に必要な「評価学」「治療学」の知識・技術を演習・実習を通して学びます。学内での学びをもとに各学年に配置された臨床実習を通し理論と実践を統合する機会とします。各科目は年次進行の積み上げ型カリキュラムにより学びを深めていきます。
⑤資格取得・キャリア教育:作業療法士国家資格取得に必要な基本的知識を学ぶとともに試験対策により 4 年間の学びを確実なものとします。また、就職時には本人の適性や希望を考慮し、就職支援を行います。

[理学療法学専攻]
①入学前教育:授業の理解を深める上で必要となる、理科系の科目について学びます。
②初年次教育:豊かな教養やコミュニケーション能力を養成する人間教育とともに、見学実習を通し理学療法を理解します。
③基盤教育:全学共通のカリキュラムに則り、社会人として必要とされる基礎的な思考力や実践能力を学びます。
④専門教育:医学的な基礎知識の修得のため、1年次2年次を中心に専門基礎科目を学び、科学的根拠に基づいた評価や治療プログラムを構築し、臨床実習において活用・応用ができるよう「評価学」「治療学」等を専門基幹科目に配置しています。学内教育で得た知識と技術は、各学年で実施される臨床実習を通し統合する機会とします。年次進行の積み上げ型カリキュラムにより学びを深めていきます。
⑤資格取得・キャリア教育:理学療法士国家資格取得に必要な基本的知識を学ぶとともに試験対策により 4 年間の学びを確実なものとします。また、就職時には本人の適性や希望を考慮し、就職支援を行います。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

当学科(専攻)で身に付けた以下の項目が所定のレベルに達した方に学位を授与します(卒業要件となる単位数等は、全学の方針の通りです)。それぞれの達成度は、ルーブリック等に示された基準に基づいて判定します。

<リハビリテーション学科>
①興味・関心のレベル:医療・福祉・保健領域に関する学修を体系的に学び、だれもが健康で幸せな生活を送れるように社会のニーズに対応できる探求心や研究心を有している。
②知識・技能のレベル:社会の信頼と要請に応えられる専門的知識と技術を修得し、作業療法士・理学療法士国家試験受験資格に必要な単位を修得し国家試験合格水準に達している。
③実践的理解のレベル:臨床実習を通しリハビリテーションの実践を学び、他の専門職者と連携・協働しつつ、対象者の持つ医学的、社会的問題に対する情報を共有し、目標を達成するため自分の役割と責任を担い行動でき、医療専門職としての使命を自覚している。

[作業療法学専攻]
①興味・関心のレベル:医療・福祉・保健領域に関する学習を体系的に学び、臨床実習の経験をもとに、だれもが健康で幸せな生活を送れるよう対象者の生活におけるニーズや幸福を追究するとともに、対象者の多様な可能性を柔軟に思考し、社会のニーズに対応できる探求心や研究心を有している。
②知識・技能のレベル:社会の信頼と要請に応えられる専門的知識と技術を修得し作業療法士国家試験受験資格に必要な各分野の知識技術を修得し国家試験合格及び実践で働くための資質を有している。
③実践的理解のレベル:臨床実習を通し医療・福祉領域における作業療法の実践を学び、他の専門職者と連携・協働しつつ、対象者の持つ医学的、社会的問題に対する情報を共有し、目標を達成するため自分の役割と責任を担い行動でき、作業療法士としての使命を自覚している。

[理学療法学専攻]
①興味・関心のレベル:医療・福祉・保健領域に関する学習を体系的に学び、社会的側面をも捉え包括的に対象者の問題を分析でき、臨床実習での経験をもとに、だれもが健康で幸せな生活を送れるよう社会のニーズに対応できるよう探求心や研究心、自己研鑽能力を有している。
②知識・技能のレベル:社会の信頼と要請に応えられる専門的知識と技術を修得し理学療法士国家試験受験資格に必要な基礎分野、専門基礎分野専門分野の単位を修得し国家試験合格水準に達している。
③実践的理解のレベル:臨床実習を通し医療・福祉領域における理学療法の実践を学び、他の専門職者と連携・協働しつつ、対象者の持つ医学的、社会的問題に対する情報を共有し、目標を達成するため理学療法士としての使命を自覚している。

 

この記事に関するお問い合わせ

総務部企画課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3329
FAX:022-233-3113
E-Mail:kikaku@tfu.ac.jp
教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu.ac.jp