福祉心理学科の教育方針

学科長メッセージ

人間理解に必要な心理学の基礎を学びます。

福祉心理学科 学科長 渡部 純夫
福祉心理学科 学科長 渡部 純夫
福祉心理学科という名称は、全国の大学のなかでも東北福祉大学が先駆けといえるものです。本学科では、心理学の基本を全般的に学び、人を理解する能力を身に付け、生活のあらゆる場面で人びとの幸せづくりのサポートができる人材育成を目標としています。

精神保健福祉士と社会福祉士の同時取得が可能であり、将来、臨床心理士をめざす人は大学院へ進学する道もあります。

本学科には3つの履修コースがありますが、それぞれのコースで基礎と応用について、バランスよく学んでほしいと思います。また、ゼミにも大いに参加しましょう。たくさんの人とふれあうなかで、自他の違いやそれぞれの長所を見つけてください。

福祉心理学科紹介ページ

教育研究上の目的

人間理解の基礎となる心理学的視点や理論・方法を学び、人びとの抱える心理的問題を分析・解決できる人材の育成を目的としています。

教育目標

福祉心理学科は、本学の建学の精神である行学一如と、教育の理念である自利・利他円満を踏まえて、心理学の知識と技能を備え、それらを人びとの幸せや福祉のために生かすことのできる力、すなわち心理実践力のある人材を育成します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

求める学生像

心理学の知識と技能を備え、それらを人びとの幸せや福祉のために生かすことのできる力、すなわち心理実践力を高めます。そのために、次のような学生を求めています。
  • 主体性をもって人びととともに学ぶ態度を備えた人。
  • 心理学を学び、人びとの幸せや福祉に貢献したい人。

入学前に培うことを求める力

知識・技能
  • 高等学校までの履修内容について、文系・理系にかかわらず幅広く学習し、総合的に身に付けている。

思考力・判断力・表現力などの能力
  • 他者の考えも聞き、自分の考えをわかりやすく伝えることができる。
  • テーマについて、資料または聞き取りやアンケートなどを通して調べ、気付いたことやわかったことを表現することができる。

主体性をもって多様な人びとと協働して学ぶ態度
  • 高校在学中または大学入学後に、クラス活動や部活動、ボランティア活動、特別活動、学外の活動などにおける問題や課題について、さまざまな人びとと力を合わせて取り組む意欲がある。

評価方法

  • 知識・技能については、入試選考方法や提出書類の活動報告書・調査書・推薦書・学力検査・レポート・プレゼンテーション・業績書・小論文・科目試験により評価します。
  • 思考力・判断力・表現力などの能力については、入試選考方法や提出書類の出願確認票・志望理由書・学力検査・体験実習・レポート・ディスカッション・業績書・面接・小論文・科目試験により評価します。
  • 主体性をもって多様な人びとと協働して学ぶ態度については、入試選考方法や提出書類の出願確認票・志望理由書・活動報告書・調査書・体験実習・レポート・ディスカッション・プレゼンテーション・面接により評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育課程編成

心理実践力を体系的に修得するために、以下の教育課程を設けています。
 
●初年次教育「心理実践力」とは何かを理解し、修得するための基本となるスキルを育成する
リエゾンゼミⅠでは、レポートの作成やプレゼンテーションの仕方、ICT(情報コミュニケーション技術)の使い方(図表作成を含む)を学び、グループ学習のなかで人間・集団・社会の課題を調べ、心理学の観点から対策や問題解決を考えます。また、心理学を踏まえた人間関係づくりやコミュニケーション・スキルの修得、心身の健康の向上に取り組みます。

●総合基礎教育 心理学的なものの見方の基本となる理論や関連する領域の基礎を学ぶ
1年次より、総合的な見方、心理学の基礎、隣接分野の基礎、社会における課題を幅広く集中的に学びます。

●専門教育 「心理実践力」を体系的かつ効果的に修得する
1年次から3年次にかけて、心理学概論、福祉心理学、心理学実験、心理学研究法、心理検査法実習等の科目を通じて、心理学の代表的な知識と基本的な技能を学びます。また、心理実践活動論や心理学実践研究実習等を通じて、実践について理解を深め、心理学を活用した問題解決力を高めます。2年次からは、3つの履修コース(社会心理、発達心理、臨床心理)からいずれかを選択し、各コースで取得を推奨している授業科目の例(履修モデル)にそって深く学びます。また、福祉、教育、保健医療、産業・労働、司法・法務等についても幅広く学ぶことができます。

●資格取得 心理学の学修と資格取得の両立を目指す学生のための充実した科目構成とサポート体制により資格取得をめざす
心理学の知識と技能を身に付けた専門職になるために、心理学の科目と免許・資格のための指定科目を両立して履修することができます。国家資格では、公認心理師の受験資格を得ようとするための教育課程が設置されています。また、養護教諭免許、精神保健福祉士の受験資格および社会福祉士の受験資格を得ることができます。また、心理学関係の認定資格では、認定心理士の資格、福祉心理士の資格および健康心理士の受験資格を得ることができます。

●キャリア教育 ひとりひとりのキャリアを見据えた実践的かつ学科独自のキャリアサポートにより就業力*1を育成する
心理学の知識と技能を職業能力につなげるために、1年次より、実学臨床教育、地域共創実学教育、ボランティア活動、インターンシップ、各種学外実習、課外活動等の社会活動経験に取り組みます。また、1年次から4年次にかけて、リエゾンゼミⅠ~Ⅳを通じて心理学と社会とのつながりや職業倫理について考え、授業内外の学科のガイダンスやセミナーを通じて心理学の学びを活かした仕事について学びます。

*1 就業力とは、学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力のことをいいます(大学設置基準)。

学修方法・学修過程 多様なアクティブラーニングにより社会や地域とつながる

心理学の知識と技能を修得するために、主体的な学び(参加型学習、グループワーク、問題解決型学習、プロジェクト型学習、課題学習等)に基づく講義、演習、実験・実習を行います。学生同士や教員、社会や地域の人びととの対話を重視します。

1.「心理実践力」の修得を見据えた具体的かつ実践的な講義
心理学の知識と技能を具体的な行動と関連づけて講義します。学生は得られた知識と技能に基づいて、自分のこれまでの体験を意味づけて整理します。

2.オールジャンルの心理学教員によるアクティブラーニングを活用した専門的な演習
心理学の知識と技能を用いて課題を解決する演習を行います。学生は心理学に関するトピックや事例を扱い、発表や討論を行います。

3.科学的思考と問題発見・解決力を育成するための実践的な実験・実習
心理学の実験、心理検査の実習、研究法の実習を行います。これらを通して、心理学の技能の基礎を修得するとともに具体的な課題解決の方法を学びます。

4.1年次から3年次までのアクティブラーニングの集大成としての卒業論文等の作成
1から3の学修の集大成として卒業論文等のレポートを作成します。学生はこれまでの学び、興味や関心に基づいて課題を設定し、データを収集し、結果を考察します。

多様な学生の学びと成長を多角的に評価する学修成果の評価の在り方

心理実践力は、教員と学生自身によって評価されます。学生は、単位の修得状況、GPAおよび本学独自のWeb学修ポートフォリオによって学びの過程と学士力と学位授与の方針の達成度を視覚化して確認します。成績評価は、到達目標、到達目標の達成段階表(ルーブリック)、学修過程(学修のふり返りやディスカッション、グループ学習への参加等)を踏まえて行われます。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位の授与に関する方針)

学生が身に付けるべき資質・能力の目標

心理実践力を修得するために、以下の7つの資質・能力を育てます。

1多文化共生社会における総合的な人間理解力
(1) 人の心には、人びとに共通する心の特徴(一般的原理や法則)と、人それぞれの心の特徴(個人差や多様性)があることを理解できる
(2) 人の心と行動は、社会・環境と相互に影響しあっており、社会・環境の影響で変わることを理解できる
(3) 生活場面における人の心と行動について、心理学および隣接領域を含むさまざまな観点から幅広く総合的に理解できる

2.根拠に基づく情報発信力
(1) 心理学の方法(文献検討、観察、実験、調査、面接等)を用いて、客観的なデータを集めることができる
(2) 心理学の方法で得たデータを、図や表を用いて整理し、他者にわかりやすく伝えることができる

3.批判的・創造的思考に基づく問題発見・解決力
(1) 多様な生活場面における人の心と行動を適切に把握して分析し、より本質的な問題に気づくことができる
(2) さまざまな分野の知識を柔軟に組み合わせ、多様な他者の気持ちや意見を考慮し、予防策や解決策を見出すことができる

4.多様な人々への共感と自他尊重に基づくコミュニケーション力
(1) 他者の気持ちや意見を共感的に理解し、対話のなかで理解を深めることができる
(2) 他者の気持ちや意見を尊重しながら、自分の気持ちや意見を適切に表現できる

5.自己理解に基づくセルフコントロール力
(1) 自分の気持ち、考え方、行動とそれらの特徴に気づくことができる
(2) 怒りや不安等の自分の感情に気づき、ストレスに対処することができる
(3) 自分の成長につながる目標を立て、やる気(モチベーション)を高めることができる

6.集団理解に基づく対人調整力
(1) 集団の目標を共有し、役割を分担し、取り組む課題を明確にすることができる
(2) 集団で情報を共有し、メンバーのやる気(モチベーション)に気を配り、自由に意見を出してもらうことができる
(3) メンバーのやりがいや喜びを共有し、メンバーの取り組みを前向きに評価できる

7.多文化共生社会における心理学の学びを活かした社会貢献力
(1) 積み重ねてきた学びを統合して、多文化の人びとの幸せや福祉に貢献することができる
(2) 個人や社会に役立つテーマを設定し、積み重ねてきた学びを活かしながら当事者や関係者とともに課題の解決に取り組むことができる

学位授与の要件

福祉心理学科の教育目標を理解し、124単位の単位取得と要件、求められるGPA*1を満たした上で、心理学の知識と技能を修得し、上記の「心理実践力」について実践を通して理解を深めた人物に学位を授与します。

*1 GPA:Grade Point Average の略。授業科目ごとの成績について、例えば5段階(秀・優・良・可・不可)で評価した上で、それぞれに対して4・3・2・1・0のようにグレード・ポイント(GP)を付与し、その平均を算出して評価を行う制度をさします。
福祉心理学科の3つのポリシーイメージ図
福祉心理学科の3つのポリシー

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
大学について
学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)
リハビリテーション学科の教育方針
保健看護学科の教育方針
医療経営管理学科の教育方針
健康科学部
大学院 教育学研究科 教育学専攻の教育方針
大学院教育学研究科の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 社会福祉学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科 福祉心理学専攻の教育方針
大学院 総合福祉学研究科の教育方針
全学科共通教育(初年時、総合基礎、特色ある教育、キャリア)及び多様な学生の支援
教育学科の教育方針
教育学部
東北福祉大学の教育方針
情報福祉マネジメント学科の教育方針
産業福祉マネジメント学科の教育方針
総合マネジメント学部
社会福祉学科の教育方針
福祉心理学科の教育方針
福祉行政学科の教育方針
総合福祉学部
障がいのある学生の受け入れ方針