2020/09/30 入学センター

多賀城高校災害科学科との高大連携事業を実施しました

本学と多賀城高等学校は、2018年5月に高大連携協定を結んでいます。

9月10日には、多賀城高校災害科学科3学年「くらしと安全B」において、社会福祉学科の阿部利江先生がワークショップを交えた模擬講義を実施しました。

この日は、「災害科学×福祉 〜人々の暮らしに寄り添う実践的な学問〜」をテーマに模擬講義(ワークショップ含む)が行われました。
はじめに、社会福祉とは何かを学び、「ふくし」という言葉から想像するヒト・コト・モノの捉え方を学んだほか、災害福祉の定義や災害時の福祉支援について理解を深めました。
続いて、障がい者の被災ニーズを探り、災害時の支援について意見を出し、グループごとに発表を行いました。
特にワークショップでは、東日本大震災の記憶(避難生活の写真)や障がい者の生活体験(研究の成果)を紹介したところ、災害時の支援を考えるばかりでなく、人との関わり方やコミュニケーションの大切さにも気付いてもらうことができました。
日頃から災害を科学的な視点で学び、探求的な学習を積み重ねている生徒のみなさんにとって、災害と福祉の密接な関連性を学ぶ時間となったようです。

多賀城高校との協定

この記事に関するお問い合わせ

入学センター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3312
FAX:022-717-3332
E-Mail:nyushi@tfu-mail.tfu.ac.jp