2020/11/17 硬式野球部

椋木、三浦が侍ジャパン大学代表候補に選出

硬式野球部・椋木蓮、三浦瑞樹投手(ともに3年)が11月16日、全日本大学野球連盟から発表された侍ジャパン大学代表候補43人に名を連ねました。両選手は、12月4日から6日にかけて坊っちゃんスタジアム(愛媛・松山)で開催される代表候補強化合宿に参加します。

左腕の三浦投手は盛岡大附高(岩手)時代から甲子園で実績を残し、本学入学後も1年春から活躍。2018年以来2度目の代表候補入りとなりました。高川学園高(山口)出身の右腕、椋木投手も1年春から公式戦を経験。今秋の仙台六大学野球リーグ戦では、抑えとして最速153キロをマークし73度目の優勝に貢献、最高殊勲選手賞を受賞しました。代表候補入りは初めてとなります。

今合宿は2021年8月中旬に開催される第1回アジア大学選手権(中国・西安)に向けた強化が目的で、来春のリーグ戦や全日本大学野球選手権も踏まえ、最終22人が選ばれる見込みです。
2度目の代表候補入りとなった三浦
2度目の代表候補入りとなった三浦
最速153キロ、初の代表候補入りとなった椋木
最速153キロ、初の代表候補入りとなった椋木

リンク