2019/02/20 地域共創推進室

「地域の担い手づくり」連携活動が成功事例として紹介/青葉区町内会役員担い手講座

平成30年度青葉区町内会役員担い手講座が2月19日、青葉区役所4階会議室で開催され、学生団体の「まごのてくらぶ」が発表を行いました。

青葉区ふるさと支援担当が主催する「平成30年度青葉区町内会役員担い手講座」に大学と国見地区連合町内会が取り組む「地域の担い手づくり」連携活動が成功事例として紹介されました。

まず、地域共創推進室の職員から、本学の取り組み事例として、社会貢献、地域共創の理念や地域貢献が求められている背景、これまでの取り組みや体制、これからの展開を発表しました。

国見地区を中心に奉仕活動等を行う学生団体「まごのてくらぶ」からは、メンバーの芳賀俊彦さん(3年)が発足当時からの活動内容等を動画を用いて説明。「改めて、まごのてくらぶの理念でもある『地域を知り』『地域に学び』『地域に育ち』『地域に役立つ』の考えがとても重要であることを学べた」と述べました。続いて名村優樹さん(1年)が年間の活動を振り返りながら「地域の方々とは日頃から顔の見えるお付き合いをしています。これからも地域の課題は自らの課題と捉え、大学と地域が共に発展成長していく“地域共創”を実現させる実働隊として活動して行きたい」と発表しました。

この講座には、青葉区町内会長をはじめ、役員の方々16名が出席。学生は発表後に参加者たちと一緒にワークショップに参加させて頂き、活発な質問や意見の交換が行われました。今後も青葉区管内各町内会における活動の一助となる、学生たちの変わらぬ活動が期待されます。

この記事に関するお問い合わせ

社会貢献・地域連携センター 地域共創推進室
住所:〒981-8523 宮城県仙台市青葉区国見1−19−1 ステーションキャンパス館
TEL:022-380-1068
E-Mail:kyosei@tfu-mail.tfu.ac.jp