2017/08/04 医療経営管理学科

【学生によるゼミ紹介】河村ゼミ

学生によるゼミ紹介レポート。
今回は河村ゼミを紹介します。「身体の仕組みや動きについて理解を深める」ことを目標に、「学生主体で企画を立案し、自主性を高めること」を特徴として、身体を動かしながら学ぶゼミです。

1.河村ゼミの目的・特徴について

河村ゼミの活動の様子1
健康を考える上で基本的な知識である、身体の仕組みや動きについて理解を深めること、生きる上で必要な体力と精神力を養うことを目標としています。

特徴としては、学生主体で企画を立案することが多いため、自主性を高めることができるゼミです。

企画例として、スポーツ活動や市内の駅伝に参加することにより、身体を動かすことの楽しさを実感し、協調性を高めることができます。また、手作りの人体模型を作成することによって、骨の名称や位置、関係性などを感覚的に学んでいきます。

2.先生の紹介

私たちのゼミの先生は河村孝幸(かわむらたかゆき)先生です。趣味は、走ることや子供と関わることで、現在も様々なマラソン大会に参加しています。授業では人体構造や筋骨格系疾患について教えています。私たちから見た先生は、とても優しく、笑顔が素敵で、マイペースで居心地の良い空間を生み出してくれています。また、私たちの自主性を高めてくれるように導いてくださいます。河村先生のモットーは「何事もポジティブに捉えること」で、明るい印象が私たちを笑顔にしています。そんな河村先生にぜひ会いに来てください。

3.これまでの活動内容

このゼミでは、医療に関してやってみたいことを学生主体で決め、先生に相談して活動することが多いです。先輩方や私たち2年生の活動内容を紹介します。

学びの取り組みとして、2年生の前期には3名ほどのグループ毎に、粘土やペーパークラフトで等身大の人体骨格模型を作ります。後期に入ると、豚の心臓を使って解剖を体験し、10月の国見祭では体験コーナーを設けます。また、年間を通してジョギングやトレーニングに励み、自身の健康増進に努めます。その他、博物館で医学関連の展示がある際には、皆で出かけることもあります。

親睦を図るイベントも行います。4月には国見ケ丘キャンパスでのお花見、6月にはチャリティ駅伝に出場します。10月にはハロウィンパーティー、12月にはクリスマスパーティーを企画します。

4.河村ゼミ4年生へのQ&A

Q.先生の魅力
A.かわいいところ、娘さん大好き、自由度が高い、相談しやすくて相談したら何でも答えてくれる、親近感がある

Q.このゼミを選んだ理由
A.運動療法を専門とする先生なので、その分野の勉強ができるから、1年のリエゾンゼミⅠからお世話になっている先生だったから、サークルの先生からの勧め

Q.このゼミで学べたこと
A.自分で考える力がついた、自主的に動く力が付いた、人体構造の理解がより深まった

Q.今までで一番印象に残っている活動
A.国見祭では、「からだゼミ」として骨・内臓のパズルやクイズの作成、体力測定、骨模型や豚の心臓の展示などを企画し、ゼミのメンバーが団結して取り組みました。2日間で約600名の幅広い年代の方々に楽しんで頂きました。

<最後に4年生からメッセージ>
楽しく自主性が鍛えられとてもお薦めのゼミです!

関連ページ