2017/09/07 医療経営管理学科

【学生によるゼミ紹介】似内ゼミ

学生によるゼミ紹介レポート。
今回は似内ゼミを紹介します。①地域医療について考える、②Excelなどを使い情報の処理ができる、③人前で短いスピーチができるようになる、という3つを目標に活動を行うゼミです。

似内ゼミの特徴

ゼミの活動風景
キャンパスの桜の前で集合写真
  • 地域医療がテーマのゼミです。
  • 地域医療は、多くの病院が理念にかかげている大事なテーマです。
  • これまでのゼミ論では、東北の医療費問題、医師不足問題、脳卒中などの死亡率などの要因について仮説を立てて、厚労省が公開している統計データなどを元に、他の都道府県と比較して検討しています。
  • 分析には主にExcelを使います。
  • 分析をもとに、4年次には「ゼミ論」を書きます。
  • Excelなど使い、情報処理ができるようになることもゼミの目標の一つです。
  • 「人前で短いスピーチができるようになる」ことも目標です。毎回ひとりひとりが「1〜2分スピーチ」をします。
  • 卒業生の大半は病院に就職していることも特徴です。
  • 派手なゼミ行事は少ないですが、毎週コツコツ積み重ねて、できることを増やしていくことをめざしています。

ゼミの活動

ゼミ風景
ゼミ風景(1〜2分スピーチを考え中)
 2年生のゼミの活動は、前期と後期に分かれており、前期は1~2分スピーチや話し合いを主体としたプレゼンテーションの方法、グループワークの活動がメインです。これによって、円滑なコミュニケーション能力の向上やプレゼン能力の向上を目指し、就職活動や面接試験などにも応用させることを目的としています。他には、プリントを使いながら文章の読み方や書き方を学びます。
 後期では、パソコンを用い、情報処理のやり方について詳しく学びます。例えば、厚生労働省の統計資料や都道府県ごとの保健医療計画などのテーマをExcelにまとめると言った実習も行います。これらの狙いとしては、診療情報管理士等の医療情報を扱う職種の業務とはどのようなものか調べることを通して学ぶこと、情報処理の基礎から応用までを実習を通して学ぶことです。
 このゼミは、医療関係を目指している方は勿論、ITや情報関係の企業を目指している方に適しているかと思います。プレゼン能力を上げたい方や面接に強くなりたいという方、パソコンの操作を学びたい方、また医療情報技師やITパスポート、基本情報技術者といった資格取得を考えている方にもお勧めです。少しでも興味が湧いた方は是非似内ゼミへ。

学年ごとのゼミ内容

似内先生の紹介

大崎八幡に就職祈願
大崎八幡宮で就職祈願
岩手県花巻市で産まれる。中学、高校ともに剣道に打ち込む。東北大学大学院教育学研究科で教育社会学を学ぶ。松田聖子と中森明菜にはまる。2000年に本学へ就任。
 
趣味は藤沢周平の時代小説を読むこと。好きな食べ物はそば。
若い頃の後悔は、もっと親孝行すべきだったこと。

ゼミ生ひとりひとりと向き合って丁寧に教えてくださるとっても優しい先生です。

3年生インタビュー

3年生
3年生
どんな資格をとりましたか?
これまで取得した資格はMOS(Word、Excel、Access、PowerPoint)スペシャリスト、簿記、防災士、メディカルクラークです。


これから取得予定の資格を教えてください。
診療情報管理士、ドクターズクラークです。

似内先生のゼミを選んだ理由を教えてください。
  • 「1分~2分間のスピーチ」で話す力を付けて自分の弱点の克服をしたいと思ったから。
  • Word、Excel、Access、PowerPointを日常的にデータ分析などに使えるようにしたいとおもったから
  • 企業系、医療系に就職してもパソコンのスキルは必要なので、身につけたいと思ったから
卒業後の進路はどのように考えていますか?
診療情報管理士の仕事を地元でしたいと考えていますが、医療系以外の企業系も視野に入れています。 

関連ページ