2018/12/17 医療経営管理学科

【教育】3年生合同ゼミ「就職が内定した4年生の話を聞く会」

医療経営管理学科では12月13日(木)の6限目に、ステーションキャンパスS301教室で、3年生の合同ゼミ「就職が内定した4年生の話を聞く会」を行いました。

3年生の質問に答える4年生
3年生の質問に答える4年生
医療経営管理学科では、これから就職活動を始める3年生が、すでに就職活動を終えている4年生から経験談を聞く会を、毎年実施しています。

今年度も、就職活動を終えた4年生6名から、実際の活動についてはもちろん、3年生の今の時期から考えておくべき、いろいろな準備について、お話ししてもらいました。今回、話をしてくれた4年生の就職先の内訳は、医療機関3名、民間企業2名、団体(医療関係の特殊法人)1名です。

今回の合同ゼミは、3年生6〜7名がグループとなり、10分おきに、別の4年生のもとに移動しながら、就活に関する疑問や悩みなどへのアドバイスを聞くという形式で進められました。

3年生からは、就職先を決めた理由や就職活動の流れについての質問の他、エントリーシートに書いた志望動機、面接で質問されたことなどの、就職試験についての細かい質問がでました。さらに、3年生の今頃どのように過ごしていたかや、診療情報管理士の受験勉強の経験談まで、幅の広い質問が、時間いっぱい出されました。

3年生の感想と考察

真剣に話を聞く3年生
真剣に話を聞く3年生
3年生は、4年生の話を聞いて、就職活動について、深く考えるきっかけとなったようです。

  • 4年生の方々が,全員が将来何をしたいかを明確にし、就活に臨んでいることが印象的でした。しっかりと自己分析をして自分の強み、弱みを理解することが大切だと感じました。
  • 現在、資格試験の勉強、就職活動、対策、インターンシップと、いろいろ考えていましたが、実際に,就職、診療情報管理士試験を終えた4年生の方のお話を伺うことができ、悩んでいたことが少し軽くなりました。
  • 「自分の軸を決めて、就職活動に臨むことが大切」という話が印象的でした。今のうちから自己分析・企業/業界研究を十分に行い、 自分の軸(志向)・能力の理解を進めていきます。
  • 既に内定が決まった先輩方のお話は、これから就職活動を進める上で非常に参考になりました。就活を始めるタイミングや進め方等人それぞれ違うことを知ることができ、今までの漠然とした就活の認識がより明確なものへと変わりました。また、これを機に今後について深く考えるきっかけにもなりました。
  • 先輩方の就活のお話はとても貴重なものでした。就活をどのように進めて就活中はどう考え行動していたのかよく分かったと同時に、自分も今後について深く考えなければならない、という良い刺激にもなりました。また、些細な疑問にも快く答えてくださり、非常に参考になりました。有難うございました。
  • 今回、4年生の皆さんからお話を聞いて、SPI対策や面接について教えていただきとても参考になりました。中でも印象に残ったのは、面接の練習や、エントリーシートの添削でキャリアセンターをたくさん利用していたことです。
  • 「面接で何を聞かれても焦らないように準備する」ということが印象に残りました。面接ではとても動揺して焦ってしまうと思いますが、できるだけ改善できるように、頑張っていきたいです。
  • 面接は、練習をしておくことが特に重要だと知りました。就職活動が始まるにつれ、キャリアセンターの面接予約が数ヶ月先まで埋まってしまうということで、早めに予約して、練習しようと思いました。キャリアセンターの他、ハローワークなどを利用されているというお話も伺い、大人と話す機会を増やすことの大切さも感じています。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp