基礎看護学Ⅰ

保健看護学科の特色ある科目を紹介します。

1年生前期・後期を通して履修する「基礎看護学Ⅰ」では、看護に必要な基本技術について、講義・演習を通して学びます。

講義・演習の前には、課題について自分で調べ、授業の中で理解し実践できるようにしています。ここで学ぶ基本技術とは、感染予防のための手洗いや手袋・マスクの着用方法、血圧や脈拍などの測定方法、対象者の清潔を保つための援助方法(写真)、排泄の援助方法、などが含まれます。

人体に関する専門的な知識と、日常生活についての常識、他者に対する配慮、根拠のある技術など、さまざまな力を統合する必要があります。

履修学生の感想

  • 清潔へのこだわりが人それぞれあることが分かった。人によって対応していく必要があることが分かった。
  • 手際よく行うことや、しっかりと洗うことが意外と難しいと分かった。
  • 患者役になり、肌を見せることに敏感になることがわかった。手浴してもらい素直に気持ちよかった。リラックスでき、ストレス解消にもつがると思った。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
フィジカルアセスメント演習
リエゾンゼミⅡ
基礎看護学Ⅰ