2018/10/17 リハビリテーション学科

多職種連携の第一歩! 保健看護学科とリハビリテーション学科による合同授業開催

9月22日、10月6日の2回に渡って保健看護学科とリハビリテーション学科の初めての合同授業が実施されました。看護、理学療法、作業療法とそれぞれ専攻の異なる学生たちがグループを組み、模擬事例の支援についてディスカッションとプレゼンテーションに取り組みました。

リハビリテーション学科では、保健・医療・福祉の領域で支援の対象となる方とそのご家族の生活を支援する専門職を目指して勉強に励んでいます。対象者の支援には幅広い対応が必要で、ご本人をはじめとする様々な専門職や地域の人たちと“チーム”となって専門性を発揮していく必要性があります。

初対面の学生同士も多く、緊張した面持ちでのスタートとなりましたが、どの学生も熱心に取り組みました。一緒に話をしてみて改めて、お互いに共有する理念があることや隣接領域でありながらも異なる専門性に気づき、自分の目指す専門性について理解を深めたという感想もきかれました。

まさに、これから社会に役立つ専門職になることを意識し、チームとなっていく過程の一部を疑似体験する場になりました。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp