福祉行政学科へのよくある質問

Q 公的機関で働くことを希望する場合、産業福祉マネジメント学科と福祉行政学科の具体的な違いを教えてください。

A 産業福祉マネジメント学科では、「現代の産業社会を福祉の視点で捉え、『福祉』の概念を企業活動で実現させていくための能力と技術」を学びます。したがって、就職先としては企業が中心となります。それに対して福祉行政学科では、「地域の多様な課題を行政面から解決する視点を身に付けるために、福祉の学びを基盤に据え、政治・経済・法律・防災などの知識」を幅広く学ぶことになります。つまり、専門的に行政に関わる知識を学び実践を重ね、就職先としては公務員を中心として考えています。

Q 福祉行政学科で取得可能な資格を教えてください。

A 社会福祉士国家試験受験資格、救急救命士国家試験受験資格(厚生労働省指定申請中)、防災士、社会貢献活動支援士等の資格が取得可能です。ただし、資格の中には定員制を設けている資格がありますので、「資格一覧(リンク)」などで確認してください。

Q 社会福祉士と救急救命士の受験資格を同時に取得することができますか。

A 両資格は国家資格でもあり、多くの科目が必修科目として指定されています。したがって、4年間の中でこの2つ国家資格の受験資格を取得することは不可能です。自分自身の将来の就職先を見据えた上で、学びを選択することが重要なのです。

Q 行政の分野で実習することができますか。

A たとえば、「インターンシップ」の実習先としては、すでに市町村が含まれています。福祉行政学科の開設を受けて、行政分野の実習先を今後一層開拓していく予定です。

Q 学科名称から見ると、公務員は福祉職に限定されるのですか。

A 本来福祉とは、「すべての人が幸せになる道を探ること」です。したがって、日本国民、地域住民の一人ひとりが地域課題を乗り越え幸せの道を探る学びとなりますので、福祉職に限定されることなく、一般行政職、警察官、消防士などの分野へ進むことも可能です。
福祉行政学科の進路・就職
福祉行政学科の科目紹介
福祉行政学科へのよくある質問
福祉行政学科の学生の1週間