2021/10/18 福祉心理学科 総合福祉学研究科 福祉心理学専攻

【報告】宇田川名誉教授が日本箱庭療法学会学会賞を受賞

福祉心理学科に所属された宇田川一夫名誉教授が、(一社)日本箱庭療法学会の2021年度「日本箱庭療法学会学会賞」を受賞されました。

「日本箱庭療法学会学会賞」は、学会の諸活動における優れた業績をたたえる目的で設けられています。宇田川名誉教授は40年以上にわたり福祉心理学科と本学大学院、福祉心理学専攻臨床心理学分野の教育に携わってこられました。特に、2000年に、大学院臨床心理学分野が東北初の(公財)日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士養成大学院第1種指定を受けてからは、百数十名の心理臨床家の育成に携われました。東北地方の臨床を牽引してこられた心理臨床家のおひとりです。

2015年には本学で開催された日本箱庭療法学会第29回大会の大会委員長を務められました。また、同学会の研修委員として、北海道・東北地区の「箱庭制作実習研修会」を長年に渡って実施され、心理療法に携わる多くの方々に研鑽の機会を提供されました。


受賞された宇田川名誉教授よりコメントをいただきました

この度は、一般社団法人箱庭療法学会より学会賞という名誉ある賞を頂きました。受賞の知らせを受けた時には、あまりにも思いがけないことでしたので吃驚いたしました。

箱庭療法学会は、1987年に故河合隼雄先生が創立されました。河合先生は、日本人で初めてユング派の分析者資格を取り、京都大学、国際日本文化研究センター長、文化庁長官等を歴任した方です。本学と河合先生との関りは、本学の感性福祉研究所の竣工に伴うシンポジウムで講演をされました。その時、大学当局へ「臨床心理士」の必要性を説明してくれました。そのことをきっかけに「指定制大学院」の話は一気に具体的に進み、2000年本学大学院福祉心理学専攻臨床心理分野に日本臨床心理士認定協会より「指定制大学院」を東北6県内で最初に認定を受けました。このような縁のある学会賞を頂いたことを素直にうれしく感じます。

2015年には第29回箱庭療法学会大会を本学で開催いたしました。東日本大震災の傷がまだまだいえぬ時期でしたが、大学当局、同僚、卒業生、院生、学生等の協力により盛況裡に終わることができました。これらの方々を代表して受賞します。学会は、震災後からバックアップとして河合隼雄先生のご子息の河合俊雄先生、田中康裕先生等がスーパーバイズをしてきましたが、今でも形を変えて本学を会場に継続しています。

皆様の支えがあっての受賞ですので、この場をお借りして深く感謝申し上げます。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp