ロコモジムナスティックス(ロコモ体操)ビデオ紹介

ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称ロコモ)は運動に関係する器官「骨・関節・筋肉・神経」の機能が低下し歩けない、立ち上がれないとなり、要支援、要介護となっているか、そのリスクの高い状態をいいます。この度、ロコモ予防啓発のためのロコモ体操ビデオが完成しました。NHKでも紹介された楽しいアニメーションビデオです。超高齢社会の健康寿命延伸には「運動器の健康」が何よりも重要であり、このロコモ体操は、東日本大震災の被災地における高齢者生活不活発病への危機感が増す中で誕生したロコモ予防ソング「ロコモかしこもサビないで」と体操を組み合わせたものです。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

社会貢献・地域連携センター 予防福祉健康増進推進室
住所:〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘6−149 雄翔館1階
TEL:022-208-7790
FAX:022-208-7791
社会的・職業能力育成プログラムに資する認知・脳科学的エビデンス情報提供基盤の構築
児童青年期精神障害および高齢者関連疾患における先進的個別化予防ケアシステムの構築に関する研究
防災・減災・ボランティアを中心とした社会貢献教育の展開
サイバー・キャンパスを利用した教育情報弱者と国外在住者に対する総合福祉学通信制教育事業
五感を介する刺激測定に基づく健康向上のための人間環境システムの構築
ヘルス・システムの変容とヘルス・リテラシーに関する研究
戦略的研究基盤形成支援事業 「東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築」
戦略的研究基盤形成支援事業 「東日本大震災を契機とする地域の健康福祉システムの再構築」業績一覧
求人情報提供のICT化によるアウトリーチ型就職支援教育の展開
健康の自己管理能力を養う食育支援 ~生きる力を確かなものにする青年期の食育支援プログラム~
小・中学校における特別支援教育支援員の養成プログラム
仙台圏所在の大学等の連携を強化・拡充することによる相互的及び総合的発展
ボランティア学習による21世紀型市民の育成
仙台ウェルネスコンソーシアム
ロコモジムナスティックス(ロコモ体操)ビデオ紹介
高齢者雇用実態に関する調査