2018/11/15 感性福祉研究所

【研究】ミクロなハンコを使って神経回路網を操作 ~シャーレ内での脳機能モデリングに向けて道筋~/庭野道夫特任教授 共同研究

東北福祉大学感性福祉研究所の庭野道夫特任教授、東北大学材料科学高等研究所の平野愛弓教授らの研究チームは、ミクロなハンコを使って、神経細胞がシャーレ内で作る回路網の形状を制御する技術を確立し、生体に近い発火パターンで活動する神経回路網を作製することに成功しました。この技術は今後、脳の情報処理原理の解明に向けたモデル系や、創薬を支援する医工学デバイスなどとして応用されることが期待されます。

この記事に関するお問い合わせ

感性福祉研究所
住所:〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ケ丘6−149−1 国見ケ丘第1キャンパス
TEL:022-728-6000
FAX:022-728-6040
E-Mail:kannsei@tfu-mail.tfu.ac.jp