ワークショップ「和紙に模様を染めてみよう」

  • 06/03(土)~06/26(月)
  • 芹沢銈介美術工芸館
時間
6月の毎週月曜日と土曜日 各11:00~15:00
参加費用
300円(福祉大生は100円)
開催日程
6/3(土)、6/5(月)、6/10(土)、6/12(月)、6/17(土)、6/19(月)、6/24(土)、6/26(月)

型紙を使って自由に染めてみる

7種類の中から好きな型紙を選び、和紙に染めていきます
美術工芸館では展覧会毎に企画展に合わせたワークショップを開催しています。
今回は「和紙に模様を染めてみよう」と題して、型紙を使う色差し体験を行っています。

準備している型紙は芹沢銈介のお弟子さんに制作を依頼したものです。
朝顔、なでしこ、クローバー、カーネーション、若葉、クワガタ、あざみの7種類。
この型紙を使い「合羽刷り」という技法で染めの体験をしてみましょう。



型紙を使って、好きな色で染めてみましょう
〈作り方の流れ〉
① 好きな型紙を1種類選び、和紙をどのように染めるかイメージします。 
② 絵柄の位置を決めたら染色専用の刷りこみ刷毛(ばけ)と顔料で染めていきます。
③ グラデーションや重ね塗りを楽しみながら完成させましょう。

型紙があるので安心して挑戦することができますよ。
ワークショップは福祉大生が中心となってサポートしてくれます。
分からないことがあれば気軽に質問してみてください。


この記事に関するお問い合わせ

東北福祉大学 芹沢銈介美術工芸館
住所:〒981-8522 仙台市青葉区国見1-8-1
TEL:022-717-3318
FAX:022-717-3324