2023/01/11 保健看護学科

【保健看護学科教員ピックアップ①】富澤弥生 教授(小児看護分野)

本学保健看護学科の富澤 弥生(とみざわ やよい)教授は(公)日本看護協会が認定する専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)制度の「小児看護専門看護師」の資格をもち、大学では主に小児看護分野の大学の授業を担当しています。

(保健看護学科の教員紹介:www.tfu.ac.jp/education/dn/professors.html

富澤教授は授業以外にも、小児看護専門看護師の活動として「ペアレント・トレーニング」を中心に実践と研究に取り組み、2015年「(発達が気になるこどもの)子育て支援(看護専門)相談室」を開設しています。コロナ禍になってから、オンラインでの個別支援活動も開始し、20204月から202212月現在のべ200件以上の相談実績となりました。(ペアレント・トレーニング講座:www.tfu.ac.jp/sserc/s9n3gg0000020nte.html

富澤教授の小児看護専門看護師としての活動は学内に留まりません。令和41110()には、埼玉県保育士会主催のオンライン研修会で「のび太のママを支援する~ペアレント・トレーニングの実際~」という演目で、発達障害の理解、二次障害を防ぐために、上手なほめ方、効果的な指示の方法、ペアレント・トレーニングの応用・効果などについて講演しました。

このオンライン研修会の講演の様子は「埼玉県ほしくしかいだより2022年12月号」に掲載されました。

(埼玉県保育士会より許可を得て掲載しています)
(埼玉県保育士会より許可を得て掲載しています)
主催者からの報告では200件以上のアクセスがあり、1台のパソコンで複数人が受講している保育園も多いとのことで、多くの方に受講していただきました。以下は参加者の感想です。

「保護者の不安や悩み、葛藤についての理解が深まった」
「『保護者を支える、ともに考える』という視点で常に接していきたいと思います」
「子どもをほめる具体的な方法と重要さが理解できた」
「すぐに実践に活かしていけそうです」
「早速実践して、苦手な活動にも意欲的に取り組めるようになる子が増えました」

富澤教授によるペアレント・トレーニングは2月にも開催予定です。
詳細は2022年度ペアレントトレーニング(対面)の案内ページ(下記URL)をご参照ください。
https://www.tfu.ac.jp/sserc/s9n3gg0000020nte.html

関連ページ