ボランティア支援課

学生生活支援センター長あいさつ

ボランティア支援課が属する学生生活支援センター長・渡部純夫よりごあいさつをさせていただきます。

学生生活支援センター長 渡部純夫教授
学生生活支援センター長 渡部純夫教授
2011年の東日本大震災以降も、熊本での地震、中国・四国地方での集中豪雨による土砂災害等、令和元年東日本台風等の日本各地で発生した様々な災害が、尊い人命や貴重な財産を奪う被害をもたらしています。

2020年は新型コロナウイルス感染の問題と、不安とやるせない気持ちに襲われます。

これら災害への対応・対策は、日本という国に住む以上避けて通れない課題なのです。そして、解決策を模索し実践していくのは「人」であり、それぞれの「地域」が大きな役割を担って取り組んでいかなければなりません。

人と人のつながりが何より重要になります。
東北福祉大学では、ボランティア活動を通して、社会に貢献できる「地域の人材」を育てることが大切な使命であり、当ボランティア支援課の務めであると考えております。


東北福祉大学教授/学生生活支援センター長 渡部純夫