初年次教育(リエゾンゼミⅠ)

リエゾンとは“つながり”のこと。社会でもっとも必要とされるコミュニケーション能力を伸ばす演習や、問題発見・解決能力を養う演習などを通して、1年次から将来のキャリアにつながる基礎をつくります。

授業・教育の目標

3人のクラス担任が多面的にサポート。 2年次もアドバイザーとして継続的に支援。ゼミを通して、学生・社会人としての基礎・基盤づくりをめざします

大学生活を充実させるためには、入学後早いうちからはっきりした目標をもつことが重要です。東北福祉大学では1年次生を対象とする「リエゾンゼミⅠ」を設け、将来のキャリアにつながる学習を行います。リエゾンとは“つながり”のこと。社会でもっとも必要とされるコミュニケーション能力を伸ばす演習や、問題発見・解決能力を養う演習などを通して、社会の一員として広い視野をもち、役割を果たす上で必要な基礎をつくることをめざします。

「リエゾンゼミⅠ」のクラスには担任が3人ついています。教員と事務スタッフ、先輩学生の3人体制で1年生をサポートします。 先輩学生はTA(Teaching Assistant)と呼ばれる大学院生またはPM(PeerMentor)と呼ばれる3・4年次学生です。1年次は相談内容に応じて話しやすい相手を選べます。この3人のクラス担任は2年次でもアドバイザーとして相談に応じ、支援します。 また、2年次の「リエゾンゼミⅡ」では、専門分野の基礎を学び、社会に出て働くためのより具体的な能力開発を行います。1・2年次のゼミと3人担任制は自信をもって社会に出ていくための“ 学びの支援システム”です。

リエゾンゼミでは大学生活および卒業後の職業人生における基礎・基盤となるさまざまなことについて学びます。例えば新入生の皆さんが東北福祉大学に1日も早くとけ込めるためのテーマ( 建学の精神、カリキュラム、学生生活、ボランティア活動など)について理解を深めます。また、皆さんが講義、ゼミ、研究そのほかの諸活動に意欲的・自立的・効果的に取り組むための基礎となる心構えやスキルを学びます。さらに、社会人そして卒業後の職業人生を意識して、倫理観、社会的責任、態度などについて考える機会とします。

受講者インタビュー

授業という感じがせず、先生と学生の距離がものすごく近く感じました。

産業福祉マネジメント学科2年 新妻悠花さん
(岩手県/盛岡中央高校出身)
ーーリエゾンゼミⅠは、学籍番号順にクラスが決められてしまいますが、入学してから1年間受講して、クラスには馴染めましたか?

産業福祉マネジメント学科はもともと女子が少なくて、私のクラスは22人中2人。最初は、もう1人の子が休むと「もう少し女子がいるといいなあ」と思っていました。でもリエゾンゼミでは、グループワークが多くて、同じグループになると2、3カ月は課題を一緒にやらないといけない。だから、男子の学生にも学校で会うと、授業についてとか、いろいろと話を聞くことができるようになりました。

ーー特にクラスの学生と打ち解けた、きっかけは何かありましたか

今まではやったこともなかった、アイスブレイクです。例えば5人グループになって「◯◯が好きな◯◯さんの隣りの新妻です」とか自己紹介をしたりしました。同じクラスの人たちの共通点が分かったりして、盛り上がりましたね。

ーー「リエゾンゼミ」っていう言葉に違和感はなかったですか??

そもそもゼミというものが、入学する前はよく分からなくて(笑)。想像では先生が研究していることをずっと聞いている講義なのかと思っていました。リエゾンゼミは、先生の出したテーマや課題をまず学生どうしで話し合って、その後で先生がアドバイスに入ってくる感じ。授業という感じはしないです。高校では少人数で1つのテーマについて話す授業はあまりなかったし、リエゾンゼミは先生と学生の距離がものすごく近く感じました。

ーー少し話はそれますが、課外活動は何かしていますか

いろいろやっています。国見祭実行委員会に落研、高校時代バレーボールをやっていたので、バレーのサークルにも。学外の人と交流するボランティアの団体にも入っています。大学生は自分でいろいろ決めることができるので、何かをやらないと、何も決められずに1年中グータラ過ごしちゃいそうな気がして。時間のある今のうちに、どんどんいろんなことに首を突っ込んでいます(笑)。

ーーそれにしても、4団体に加入しているとは。どうしてそんなに?

実は、ゼミで1分間スピーチがあるんです。できるだけ面白いことをいいたいな、と思って何かをやろうとしたのがきっかけでもあります。バイトや部活だけじゃ、みんなと同じになってしまいますし。面接とか、苦手な方なんですが、1分間スピーチをやることで就活にも役に立っていくのかな、と思っています。(学年は2017年4月掲載時) 

リエゾンゼミの授業の様子

リエゾンゼミⅠにおける基本的な学習

1.居場所・関係づくり

自己紹介やアイスブレイク等を通して、お互いに知り合い、人間関係づくりを行い、大学生活になじむことで、大学での学びに意欲的に取り組むことができるようになります。履修支援学修支援もご活用ください。 なお、困ったときは、主担任や副担任、ピアメンターにオフィスアワーや「TFU Edu Track」のQ&Aなどを活用して気軽に相談してください。

2.基礎学力向上

基礎学力の向上により、大学での学びにスムーズに取り組むことができます。また、就職活動での「一般常識」(社会・国語・英語・数学・理科・時事問題など)の試験対策にもなります。 本学では、「TFUリエゾンドリル」により基礎学力向上に取り組みます。

3.初年次教育による学習

高校から大学へのスムーズな移行を可能にするための初年次教育プログラムによる学習です。

4.感性と社会活動経験

感性は学びの根っこにあります。気づき、感じとることによって意欲や関心が湧き、そして問題意識を持って考え、学ぶようになります。また、福祉(ウェルビーイング)においては人の気持ちや変化に気づく感性(感じとる力)を磨くことが重要です。そこで、本学は「感性を育む大学環境」づくりに努めています。リエゾンゼミⅠでは、本学の感性教育施設・設備等を活用して感性を育むことを推奨しています。 また、本学は建学の精神「行学一如」と教育の理念「自利・利他円満」を踏まえて、ボランティア活動や国際交流・留学などの社会活動経験を通して、人間力と社会力を培います。そこで、リエゾンゼミⅠでは、ボランティア活動や国際交流・留学を推奨しています。

5.キャリア形成

本学は、「自らかかわる、自ら考える・気づく、自らアクションを起こす」ことを目標に、本学が開発したリエゾン型キャリア教育を通じてキャリア形成を支援しています。リエゾンゼミⅠでは、ガイダンスや講演・就職活動報告、キャリアに関する知識と能力の到達度の評価(学修ポートフォリオ)、キャリアセンターの利用等を通して、キャリア形成に必要な知識や能力、勤労観・職業観などの価値観を学び、将来の職業生活や進路選択に対する動機づけ・方向づけを行います。詳しくは、「キャリア形成関連の学修・資格・科目」をご覧ください。

初年次における地域社会・ 国際社会に関する学習

本学では、本学の目的・使命として地域社会・国際社会の発展に貢献することを掲げています。そこで、初年次では、次の1と2の学びに取り組みます。また、3~8の学びに取り組むことができます。

1.認知症サポーターの資格取得

全学生が初年次で「認知症サポーター」の資格を取得します。認知症サポーターは、認知症を知り、地域をつくるための資格です。

〔参考リンク〕

2.地域をテーマとした、チームによる課題発見・問題解決型学習

総合福祉学部、総合マネジメント学部、教育学部、健康科学部の医療経営管理学科では、初年次のリエゾンゼミⅠ(必修)において、地域をテーマとして、チームによる課題発見・問題解決型学習またはプロジェクト型学習(PBL)に取り組みます。そして、地域の課題を発見し、問題を解決するための基本を体験的に学習します。2年次のリエゾンゼミでは、PBLの応用や実際等について学びます。 なお、健康科学部の保健看護学科とリハビリテーション学科では、専門教育の中で地域をテーマとしたPBLの基本から実践まで学びます。

3.防災士の資格取得

東日本大震災の教訓を踏まえ、「自助」「互助」「協働」による減災・防災力向上の知識・技能を身に付けた人材(防災リーダー)が地域や職場で災害への備えを担い、安心・安全の社会づくりに貢献することが求まれています。そこで、本学では、東日本大震災の被災地の大学として、在学中の防災士の資格取得を推奨・支援しており、初年次より防災リーダーをめざして学ぶことができます。詳しくは本学ホームページの防災士養成研修講座をご覧ください。

4.学生自主活動「地域活性化プロジェクト」

本学では、学生有志による地域の活性化のプロジェクトを支援しています。ゼミ教員や学修創造支援員が相談にも応じます。積極的にチャレンジしてください。詳しくは、本学ホームページの学生自主活動支援をご覧ください。

5.「地域」「国際・グローバル化」に関する特色ある科目の履修

本学では、「地域」に関する科目及び「国際・グローバル化」に関する科目を特色ある科目として多数開講しており、履修を推奨しています。「地域」や「国際・グローバル化」について実学・実践的に学ぶことができます。

6.語学・異文化学習支援室(LCSR)の利用

本学では、語学・異文化学習支援室を設置し、利用を推奨しています。国際化社会・グローバル社会や多文化共生社会を担うために必要な知識・技能を自学自習することができます。

7.異文化コミュニケーションプログラム

本学では、世界のさまざまな人々と意見を交換し、協力し、相互に理解を深めていくためのコミュニケーション力や異文化理解力を様々な形で継続的に高めていくことを支援する異文化コミュニケーションプログラムがあります。詳しくは、本学ホームページの異文化コミュニケーションプログラムをご覧ください。

8.海外留学プログラム

本学では、世界18の大学と国際学術連携協定を結び、交換留学や短期研修を積極的に支援しています。詳しくは国際交流センターのホームページをご覧ください。

関連ページ

リエゾン型総合基礎教育
外国語教育の基本方針
スポーツ教育の基本方針
初年次教育(リエゾンゼミⅠ)