teacher.css teacher.css teacher.css

総合マネジメント学部情報福祉マネジメント学科

情報福祉マネジメント学科の教員紹介

石野 莞司(いしの かんじ)

教員業績

職階
教授

担当科目
Webサイト構築演習、経営科学I・II、国際協力論 等

ゼミ紹介
ゼミテーマは国際的視野に立った各種問題・課題、とりわけ国際協力をテーマとしています。難民、飢餓、ジェンダー格差、水・衛生等々に学生は取り組んでいます。先進国社会を構成する一市民の立場から、問題提起・解決策の提示などを理論的に考え、卒業論文へと繋げています。

高校生への一言
大学は様々な経験蓄積をする場であり、「知」と「動」に磨きをかける場でもあります。様々な事柄に関心を向け、自ら考え・行動する資質を養う努力を期待しています。

大内 誠(おおうち まこと)

教員業績

職階
教授

担当科目
プログラミング応用Ⅰ・Ⅱ、AIの基礎、福祉支援工学 等

ゼミ紹介
AI自動運転車いすの開発、義手ロボットの開発、バーチャルリアリティを応用したリハビリテーション・システムの開発、3DCGやVFXを用いた映像制作、AI(人工知能)を応用した障がい者向けアプリの開発など、最新のICTを応用してすべての人たちが健康で幸福に暮らすためのテクノロジーについて研究しています。ゼミ内では、料理会、タコ焼きパーティ、夏合宿、卒業旅行など、絆を深めるための行事がいっぱいあります。

高校生への一言
コンピュータに全く触れたことがない人でも、先輩たちが手取り足取り優しく教えてくれます。生涯の友にも出会えるかもしれません。また、就職支援の体制も万全です。ぜひいっしょに学びましょう。

桑原 真弓(くわはら まゆみ)

教員業績

職階
教授

担当科目
生活の中の数学、科学の成果と未来(化学)、環境衛生学 等

ゼミ紹介
人と環境との関わりをあらゆる角度から考えています。地球規模で問題となっている自然環境はもちろんのこと、生活環境や人間環境など身を置いている全ての環境の中で、より良く生きていくには何をどのようにすることが望ましいのか?という壮大なテーマを軸に考察していきます。

高校生への一言
大学は社会に出る前の最後の学びの機会です。社会人として着実に歩みを進めるには、失敗から立ち直る方法、望む方向への気持ちや考えの切り替え方、自分に合ったリフレッシュ方法など、受身でいては学べないことが数多くあります。4年間をフル活用して勉学以外のこともできる限り経験し、あらゆる事柄から学び取る姿勢を大切に過ごしてください。深く己を理解し成長することで、自分に自信を持てる人を目指して欲しいと思います。

関川 伸哉(せきかわ しんや)

教員業績

職階
教授

生田目 学文(なまため のりふみ)

教員業績

職階
教授

担当科目

国際政治論、情報社会学、ソーシャルメディア論 等

ゼミ学生が取り組んでいるテーマ
国際的な諸問題。たとえば…
・情報犯罪 ・SNS ・原子力発電 ・スポーツとグローバル化(野球・サッカー・オリンピック等) ・消費税の国際比較 ・映画の持つ社会的影響力 ・日本核武装論 ・世界の識字率とジェンダー問題 ・貧困問題 等

高校生への一言
大学では身の回りの問題について質の高い情報を収集し、さまざまな視角から分析して総合的な問題解決を図れるような力を、ゼミや講義、課外活動やボランティア活動、友人関係などを通じて身につけてほしいです。

岩田 一樹(いわた かずき)

教員業績

職階
准教授

担当科目
プログラミング基礎Ⅰ・Ⅱ、測定実験、人工知能論 等

ゼミ紹介
主に、データ分析に関することを研究しています。その中の一分野は、近年、機械学習と呼ばれたりもしますが、具体的には私達が自然に行っている予測や規則性の発見をコンピュータに行わせるもので、それらの福祉への応用を考えています。ゼミでは学生の主体性を可能な限り尊重するように努めています。たまにゲーム大会などをしていますが、みなさん楽しんで参加しています。

高校生への一言
私が大学で学んだことの1つは「Goal(目標)」とその達成に向けての「Rule(規則)」を”自分”で決めなければならないことです。4年間の大学生活では「Goal」と「Rule」を決める練習をしてもらいたいと思います。

漆山 純一(うるしやま じゅんいち)

教員業績

職階
准教授

担当科目
プログラミング基礎、ゲームプログラミング実習、福祉支援工学 等

ゼミ学生が取り組んでいるテーマ
近年の情報技術の進展に伴って、福祉分野でも情報技術の活用が盛んに行われています。本ゼミでも各種センサーやロボットなどを用いて、支援するためのソフトウェア開発を病院や施設など現場と一体となって行っています。また、最近ではVRやAR技術を用いたリハビリや学習支援、3Dバリアフリーマップなども制作しています。ゼミ生は、「よく学び、よく遊び、よく笑う」をモットーとして、日々活動を行っています。

高校生への一言
情報技術を福祉分野にいかすためにはどうするか一緒に学んでいきましょう。他者を思い、他者のために使う技術を学ぶ、それは新しい自分発見にもつながると思います。

鈴田 泰子(すずた やすこ)

教員業績

職階
准教授

担当科目
ことばと表現、スクールソーシャルワーク論、スクールソーシャルワーク演習 等

ゼミ紹介
私たちが生まれてから一生を終えるまで、いくつもの発達課題を乗り越えながらさまざまなライフイベントに直面します。それらを難なくクリアする人もいれば、つまずいたり困難を抱える人もいます。ゼミではまず人間の発達の道すじを知り、物ごとのとらえ方や他者とのかかわり方が多様であることを学びます。人間の深い理解と洞察を目的としたグループワークやディベートなどを通して、一人ひとりの研究テーマに沿った学びを深める力を身につけていきます。

高校生への一言
ふだん何気なく過ごしている日常の中には、たとえ小さくても意味深いことや興味深いできごとがたくさん存在しています。友達や家族とのかかわり、さまざまな場所での体験をとおして、それらに目をとめる感性を豊かにしていってください。

髙橋 俊史(たかはし としふみ)

教員業績

職階
講師

担当科目
情報支援技術論、情報支援実習、特講(iコンプライアンス) 等

ゼミ紹介
ICTを活用し、障害のある方を支援する際には、様々な支援機器などの知識以上に、その方が抱える課題とはどんなことであるのか、そして、それをどうやったら解決することができるのかを考え、問題解決のための実践と失敗したらそれを糧に成功につなげる試行錯誤を行うことが大切です。
そのため、高橋ゼミではロボットカーのプログラミングなどを通して試行錯誤を行い、問題解決を目指す基礎作りを中心に学びを深めます。

高校生への一言
大学は、学べることだけでなく、経験できることの範囲、そして、出会う人の幅が格段に広がります。ですので、大学に合格(入学)することは、ゴールではなく、スタートになります。大学を選ぶ時は、学びだけでなく、何をしてみたいのかを考えてみると良いと思います。

中林 幸子(なかばやし ゆきこ)

教員業績

職階
講師

担当科目
図書館概論、情報サービス演習、学校図書館メディアの構成 等

ゼミ紹介
現代の図書館は、単に「図書」のある「館」にとどまりません。図書を含め多様なメディアを収集してあらゆる情報と人とをつなぎ、さらに人と人とをつなぐ場所です。ゼミではまず、知っているようで意外と知らない図書館について、文献を読むことや実際に各種の図書館を訪問することなどによって知識を習得します。その後、図書館や情報、メディアなどの過去・現在・未来について、グループワークや調査といった活動を通して各自の考えを深めていきます。

高校生への一言
「学び」は学校の中だけでなく、日常の中にも存在しています。あらゆる場所で得た経験・体験・知識は、学びの成果です。そしてそれは、いずれきっと役に立ちます。勇気を出して、いろいろなことに挑戦してみてください。

栁田 恵梨奈(やなぎだ えりな)

教員業績

職階
助教

担当科目
情報基礎実習Ⅰ・Ⅱ、情報処理実習 等

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu.ac.jp