2019/11/28 医療経営管理学科

【教育】第2回医療機関実習報告会

医療経営管理学科では、11月18日にステーションキャンパスS301教室において、第2回医療機関実習報告会を行いました。

報告の様子
報告の様子
医療事務職を目指す医療経営管理学科3年生は、2〜4週間の医療機関実習を行いますが、今年度の全員の実習が完了し、11月18日に第2回報告会を開催しました。実習先は以下の通りです。

宮城県立こども病院、草刈耳鼻科、東北大学病院、有隣病院、仙台市立病院、仙台オープン病院、鈴木耳鼻咽喉科・アレルギー科医院、さかいたけお赤ちゃんこどもクリニック、かねとう腎泌尿器科クリニック、せんだんホスピタル、米沢市立病院

実習内容は実習先によって異なっており、各実習生は、病院の概要や実習スケジュールのほか、それぞれの特色ある実習内容について詳しい報告を行いました。また、次年度に実習に行く予定の後輩たちへのアドバイスも盛り込まれ、2年生からは報告に対する質問も多くありました。

実習報告内容の抜粋

教室の様子
3年生の報告を聞く2年生
  • 接遇マナー・相手への配慮・寄り添う姿勢→スムーズな業務だけが求められている訳ではない。
  • 安心感を与える行動を心がける→知識や経験が自信につながる
  • 保険証や手帳の見方がわからないからといって業務を滞らせるわけにはいかない。ただ受付業務をこなすというだけではなく、疾患や保険や公費についての知識を深める必要がある。
  • クリニックではその診療科に合わせた専門的な知識が必要(診断名、処置名、薬剤名等)
  • 入力している情報が患者様の診察に生かされていることが目に見えて分かった
  • データをみることで、患者さんの不安を取り除く手助けが出来る。
  • 診療情報管理士は・・幅広い業務をこなしている。人と関わる場面が多い。
  • ミスを防ぐための対策➝ 保険証のダブルチェック、受付時に患者さんの名前・生年月日を確認
  • 二年生に伝えたいこと
    • 診療情報管理士必修科目の勉強をしっかりしておく。特に医学用語と臨床医学各論の内容は電子カルテを見る際などに役立つ
    • 実習で学びたいこと、聞きたいことを考えておく
    • 積極的に質問する

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp